終電後の秋葉原探訪【なぜか神秘的】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 79

皆さんは、終電後の秋葉原に行ったことがありますか?

秋葉原はご存じ繁華街ですので、住宅街の駅とは異なり、夜と昼の人の多さがまったく違います。

終電後のアキバ——

なんと魅惑的な響きでしょう!

アキバのホテルに泊まっているか、歩いて帰れる人以外は見ることが叶わない、もう一つのアキバの姿です。

筆者は、アキバに住んでいるわけでも、アキバのホテルに泊まるわけでもなく、たまに無性に、終電後の秋葉原を散策したくなります。

と、いうわけで、今回は金曜の夜の、終電後の秋葉原を散策してみました。

花金の喧噪が過ぎ、アキバが一番盛り上がる土日をひかえ、束の間の静寂が訪れたアキバの街は、どこか神秘的でもあります。

ご覧あれ!

電気街口から出る

時計が見えています。深夜1時過ぎ。

構内は、夜間作業と駅職員しかいません。

電気街口を出ると、いきなりこの様子!
寿司屋の前に見える人も、現場作業員です。

UDXもとても暗い・・・

左に目を転じてみると、煌々とともる照明が!

ガストです。チェーン店は恐ろしい。

さて、中央通りの方に向かいましょう。

と、もう一度右を向く。

うん、やっぱり誰もいない……。

気を取り直して中央通りに向かおうとして驚きます。

うわあ、これがアキバなのか! と。

そして出ました中央通り。

ジャンク通りと並ぶ、アキバのメインストリートです。

いやあ、看板は夜中でも変わりませんので、照明が落ち、シャッターが閉まっている繁華街で、不思議なギャップを醸し出しています。

中央通り、上野方面を向いてパシャリ

車もまばらです。

セガとムーラン、ゴーゴーカレー、COMIC ZIN、どこも閉まっています。

唯一明かりがともっているのが吉野家! やはり恐ろしやチェーン店。

出ましたベルサール秋葉原や旧ソフマップ(現ビックカメラ)がある交差点です。

さすがにここには、数人の人がいました。帰宅中の方たちでしょうかね。

ソフマップ一号館。ちょっと刺激的な看板は、閉店後は青い覆いに隠されるんですね!

通りを挟んで、とらのあなやアニメイトがある方をパシャリ。

中央通りを上野方面に歩いています。

トレーダー本店のあたり。

イオシス中央通ヨコ店、買取センター。けっこう安くて、けっこう高いんです!

買取の方は、夜でも照明を出しているんですね。

再度通りの向こう側。リバティがあるあたりです。トラックが何かを運んできています。

はい、そしてアキバの最北端あたりに到着。

この先は、徐々に上野文化圏になるため、振り向いてアキバをあらためてパシャリ。

蔵前橋通りと中央通りの交差点です。

シュタインズゲートでは、ここを左折してもう一本入った場所に、未来ガジェット研究所があると説明されていました。だいたいあの作品に出てくる雰囲気の裏路地があります。好きなエリアです。

いずれにせよ、この写真の場所で電気街の大動脈、中央通りさようならです。

つづいて、ジャンク通りに入っていきましょう!

ジャンク通り

シュタインズゲートの交差点を左折すると、越後屋があります。

もちろん閉店していますが、サイネージは出ていました。

越後屋さんは、サバイバルゲームグッズをたくさん置いている素敵なお店です。

そしてジャンク通りに入って、少し歩いて驚きました!

人が誰もいない!

カルチャーズZONEに至るまでの一本道に、人が本当に一人もいなくなりました!

さすがにアキバですので、飲み屋もあり、ジャンク通りに一人たりとも人がいなくなるなんてとても珍しいです!

奇跡のショット、ご覧あれ。

もはや神秘的ですらあります。

さて、ジャンク通りを駅の方に戻っていきます。

結構好きなアキバ特区やセル、芳林公園がある脇道をパシャリ。

ふだんからそれほど混む場所ではありませんが、やはり人っ子一人いないと、不思議な光景に感じます。

さて、カルチャーズZONEが近づいて参りました。

ニッピンがある路地をパシャリ。向こうに見えるのが、さきほど歩いてきた中央通りです。

ここには、かつてつい最近まで、「とんかつ冨貴」(とんかつ・ふき) という最高においしい定食屋がありました。

元気なおばちゃんたちがやっていたのが印象的ですが、残念ながら閉店してしまいました。

秋葉原のおいしい定食屋は、どんどん閉店してチェーン店になっていっちゃいます。

GALLERIAがあり、あそこを入ると、メイド通りです。

ただ、筆者はメイド通りが好きではないので、ここに至るといつも、逆側の東映無線がある素敵なエリアに行きます。

ファミマが2軒ある場所を抜ける。

えええ!?!?!?

ジャングルが閉店していました!

結構好きなお店だっただけに、とても残念でした。

とんかつ冨貴を思い出したり、ジャングル閉店のショックで、傷心モードに入ったため、ファミマで大好きなモンスターエナジーを購入。秋葉原深夜探訪終盤を乗り切るためのエナジーを補給しました。

はい、イオシスと、秋月電子通商のあるエリア。

メイドもウロついていますが、依然として古き良きアキバの雰囲気を残しているエリアです。

そして私が一番好きなお店、東映無線! いくつかあるのですが、この「テクノハウス東映」も大好きです。

行ったら何か買うようにしています。

これからもずっと続いてほしいと思います。

東映無線の隣にある、これまた大好きな喫茶店「庵」。

東映無線と庵の並び。

永遠なれ、この一角!

向かいには、とんかつ屋さんと神社があります。

ここのとんかつ、とってもおいしいです!

ある意味レトロ秋葉原の雰囲気をもっとも色濃く残すのが、ガード下です。

アダルト系のお店も多いので、誰にでもお勧めできるわけではありませんが、猥雑な時代の雰囲気を残しています。

トレーダー2も、その一角です。向かいはケンタッキー。

ケンタッキー脇の千円自販機から、マウスコンピューター(現在はmouse)の直営店をパシャリ。

そして戻ってきました中央通り。

ラジオセンターの看板がお出迎えです。

そして忘れちゃいけないのが、秋葉原駅南交差点からガード下にかけての一角。

じゃんぱらやルノアールなど、素敵なお店がちょくちょく点在しています。

そしてゴールは、ヨドバシアキバ!

おわりに

いかがでしたか?

駅から、中央通り、ジャンク通りをぐるっと通って駅に戻ってきました。

アキバの主立ったエリアはまわったのではないかと思います。

やはり、夜のアキバはいいです。神秘的です。静かな気持ちになれます。

今回はメインな場所ばかりでしたので、今後ももし機会があれば、マイナーだけどいいスポットも、ご紹介していきたいと思います。

(もちろん昼間の秋葉原も!)

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デイリーガジェットをフォローする