新型ゲーミングUMPC「GPD Win Max」は第10世代Core搭載!【少しだけ写真公開】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 206

↓でまとめたように、2020年のUMPC(超小型ノートパソコン)のトレンドは、一つに「ゲーミング」になりそうです。

2020.1.7 公開 2020.2.22 「GPD Win Max」情報をアップデート 2020.3.19 「GP...

そして登場が確実視されているのが、GPD社の「GPD Win Max」と、OneMixシリーズを出しているOne-Netbook社の「One-GX」です。(いずれも仮称)

このたび、中国のコミュニケーションプラットフォームである百度贴吧(Baidu Tieba)に、GPDからいくつかの「GPD Win Max」の画像が投稿されました。

まず1枚目は↓です。

手の下に2台のUMPCがあります。

右に見えるのは、現行機の「GPD Win2」です。

そして手で覆われている方が、2020年に登場する新型ゲーミングUMPCの「GPD Win Max」と思われます。

↓事前情報の通り、6インチの「GPD Win2」と比較して、かなり大型化しています。

先日発表されたOne-Netbook社の新型UMPC(超小型ノートパソコン)であるOneMix 3Proは、UMPCで初となる第10世代Co...

8.9インチの「GPD P2 Max」とほぼ同じキーボードを使っているためで、そう考えると8インチサイズになりそうです。

ただ、↓を見ると分かるように、「GPD P2 Max」と異なり、手前にタッチパッドがありません。

キーボード上部のコントローラーと、その間に見えるのがおそらくタッチパッド領域です。

タッチタイピングが可能になるのはうれしいですね。

また、上記記事の時点では、CPUはRyzen搭載と言われていましたが、↓のベンチマークを見る限り、どうやらIntelのCoreプロセッサが搭載されそうです。

Iris Plus Graphicsの文字が見えます。

これはご存じ、Core iシリーズの統合型GPUの上位版で、MacBook Proなどにも搭載されています。

そのためおそらくは、第10世代Coreプロセッサが搭載されているものと推測できます。

つまり、2020年登場の新型ゲーミングUMPC「GPD Win Max」は、

  • 8インチ~サイズ
  • タッチタイピング可能なフルキーボード
  • ゲームコントローラーとタッチパッド
  • 第10世代CoreプロセッサとIris Plusグラフィックス

といった姿が見えてきます。

CESのブースに本機はありませんでしたので、リリースまでは依然として数ヶ月は要するものと考えられます。

いずれにせよ、これはゲーミングPCとしても、UMPCとしても、大変楽しみなモデルですね!

おわり

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

一見怪しいですが実は心優しい、デイリーガジェット動画部のケン氏がゆるい感じにレポートしています。


↑デイリーガジェット動画部のケン

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デイリーガジェットをフォローする