One-Netbookのエンジニア向け新型7インチUMPC「A1」まもなく登場

GPD MicroPCや、かつての富士通FMV BIBLO LOOX Uによく似た、One-Netbook社の新型UMPC(超小型ノートパソコン)「One-Netbook A1」がまもなく登場するようです。

GPD MicroPCと同様に、エンジニアをメインターゲットにしています。↓のようにサーバルームに持ち込んでメンテしたりするのに便利な特徴を備えています。

たとえば豊富なインターフェース類。D-sub 9ピン(RS-232C)、USB Type-Aが2つ、RJ45、microSDカードスロット、USB Type-C、MiniDisplayPortなどが搭載されているようですよ。

また、2-in-1として、↓のようにタブレット形状で使うこともできます。タッチ・ペン対応。ペンは2,048段階筆圧対応です。

ディスプレイは7インチで1920×1200と高解像度。

キーボードは、親指ポチポチタイプではなく、他のOne-Netbook社の7インチUMPC同様にタッチタイピング可能なサイズになっています。

最新の現行機、同じく7インチのOneGx1と同じキーボードであれば、むしろ結構打ちやすいですよ。

2020/8/10追記:ゲーミングUMPCでライバル機となるGPD Win MaxとOneGx1の比較レビューをアップしました。↓ ...

重量は約500gと軽量。

従来の「OneMix」や「OneGx1」など「One」がつくブランド名を廃した本機は、独立した製品ラインになるようです。

同社はOneMixシリーズ、ゲーミングのOneGxシリーズをそれぞれ展開していくようですが、このエンジニア向けラインも独自ラインとして発展させるのでしょうか。

製品リリースの頻度が高い中華UMPC業界の展開に今後も期待。

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

一見怪しいですが実は心優しい、デイリーガジェット動画部のケン氏がゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!