ハイビーム秋葉原本店でAYA NEO 2021展示中!ゲームパッドが大きく進化

シェアする

下記でレポートした、秋葉原にオープンした日本初のUMPC(超小型ノートパソコン)専門ショップ「ハイビーム秋葉原本店」

下記でお伝えしていた、秋葉原にできたUMPC(超小型ノートパソコン)やゲーミングPCの専門店「ハイビーム秋葉原本店」にお邪魔してきました! ...

こちらで、クラウドファンディグからスタートしたゲーミングUMPC「AYA NEO」の最新版「AYA NEO 2021」が展示スタートしました!

リアルなレーシングゲームがヌルサクでプレイできます。

“2021”は、クラウドファンディング版から大きく進化しています。

スペックもさることながら、実機を触って比較してみて、一番感じたのが「ゲームパッドの進化」です。

ちなみに、現在のAYA NEO 2021の種類と価格は↓にまとめてあります。Pro版と通常版、それぞれに複数デザインがあり、日本の国内代理店がグローバル価格と遜色ないレベルで、保証もつけて販売してくれていますよ。

新登場した7インチ携帯型ゲーミングPC「AYA NEO」の国内正規版の販売が開始しました。 ↓でお伝えしていた通り、当初はIndieg...

さて、本題のクラファン版(無印AYA NEO)とAYA NEO 2021(および2021 Pro)の比較に話を戻します。

現在、ハイビーム秋葉原本店では、↓のようにその両方が展示されています。上がAYA NEO 2021で、下がクラウドファンディグ版(簡単に言えば旧版)です。

外観については、ボタンをよく見ると違いが分かります。

たとえばクラウドファンディグ版は、↓のようにボタンの文字は刻印で色をつけてあります。

一方で2021最新版は、↓のように、キーボード愛好家にはおなじみ、二色成形キャップが使われています。

違いはキャップだけではありません。実際に押してみると、感触がまるで違います。

クラファン版はストロークが浅くクリック感のある押下感だったのに対し、2021はストロークが深くなり、快適な押し心地になっています。

Xboxやプレステをはじめとする、”よくできた”ゲームパッドの押下感にかなり近いレベルになりました。

これは肩部のトリガーボタンやL/Rボタンも同様で、とにかく両者を押し比べてみると違いは歴然です。(ぜひお店で体感してみてください)

ちなみに、ハイビーム秋葉原本店では、アマゾンと同価格でAYA NEO 2021各モデルを予約受付中。

また、ハイビーム秋葉原本店では、GPD社をはじめとするUMPC各社のアクセサリー類も販売されています。

今回は↓のPUレザー製スリーブケースを購入してみました。GPD刻印があります。

GPD P2 Max用だと思うのですが、購入した理由はiPad mini 6を入れるため。

もちろん新型のiPad miniを予約開始と同時に購入したわけですが、これまで3日間使い倒してきました。 この記事では、レビュ...

↓のようにぴったりサイズでした。ポケットもついているので便利。

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!