11インチ2in1PC「Alldocube iWork GT」まもなく登場!【いきなりハイスペ化】

シェアする

多数の廉価AndroidタブレットやノートパソコンをリリースしているAlldocubeから、新型の2-in-1 WindowsタブレットPC「Alldocube iWork GT」が間もなく登場します。

Celeron搭載のロースペックだった従来機と打って変わって、第11世代Core iプロセッサを搭載してハイスペック化しています。

iWorkシリーズは、着脱式キーボードカバーがついた、Surfaceライクな2-in-1。

現行機は↓のiWork20で、Celeron 4020/4GB/128GBとスペックは低いです。

ここから大きなジャンプアップで、新型のiWork GTは、CPUに第11世代Core i3-1115G4/Core i5-1135G7/Core i7-1165G7、8GB LPDDR4X RAM、256GB/512GB PCIe Gen3 NVMe SSD、10.95インチ(2000×1200)IPSディスプレイ、Windows 11、3,900mAhバッテリーで、45wのPD急速充電にも対応。通信はWi-Fi6とBluetooth 5.1対応で、本体重量は610g。

これだけのスペックがあれば、モバイルメイン機として活躍してくれるでしょう。

ディスプレイベゼルも↓のように狭めで、デザインはモダン化しています。

↓の写真を見る限り、キーボードカバーのマグネット部にタッチパッドを搭載している模様。

ポートは、USB Type-Cが2つ、USB3.0 Type-Aが1つ、micro HDMI、イヤホンジャック、microSDカードスロットを備えています。充電はUSB-Cポートで行います。

価格は未発表ですが、iWork 20よりはかなり上がるでしょう。

販売は、AliExpressにあるこちらの同社公式ストアの予定です。

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!