アマゾンの1万円台高コスパ8インチ片手タブFire HD 8に2022年版登場!処理性能アップ

シェアする

アマゾン謹製のタブレットFireシリーズに、新モデルが登場しました。

ディスプレイサイズごとに、Fire 7、Fire 8 HD、Fire 10と3系統ありますが、今回は8インチのFire 8 HDが2022年版の第12世代になりました。

価格は税込11,980円~と相変わらず安く、CPUの処理性能がアップし、軽量化ています。

標準モデルのFire HD 8とFire HD 8 Plusがあり、SoCは同じながら若干の違いがあります。

まず価格ですが、Fire HD 8が↓のページで32GB版が税込11,980円。64GB版は13,980円です。

上位モデルのFire HD 8 Plusは、↓で32GB版が13,980円、64GB版が15,980円。

いずれも予約受付中で、発売は10月19日。ワイヤレス充電スタンドや保護フィルムとセットになったオプションも選択可能。

性能面の進化ですが、2020年モデルに搭載されていたMediaTek MT8168はCortex A53の4コアだったのに対し、今回の第12世代に搭載されているMediaTek MT8169AはCortex A55の6コアになっています。

ディスプレイは引き続き8インチ(1280×800)でRAMは2GB/3GB、ストレージは32GB/64GBというオプション、USB2.0 Type-C充電という点も変わりません。

重量は、2020年モデルが355gだったのに対し、今回のFire HD 8は337g、Plusは342gといずれも軽量化。

カメラも、従来機はリア・フロントいずれも2MPだったのに対し、2022年版のPlusはリアが5MPにアップしています。

ほか、サウンドは無印・PlusいずれもDolby Atmos対応になり、OSはFire OS 7だったものが8になりました。3.5mmイヤホンジャックは引き続き全モデルで搭載です。

Fire OSはAndroidの派生OSですが、Google Playストアは公式にはサポートされておらず、アマゾンのアプリストアからのアプリダウンロードになる点は注意が必要です。

電子書籍や動画視聴、ブラウジングなどの用途でコンパクトで廉価なタブレットがほしいという方には、筆頭候補になるでしょう。

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!