廉価版ONEXPLAYERとなるONEXFLY公表【携帯型Windowsゲーム機】

シェアする

ONEXPLAYERシリーズは、One-Netbook社が展開する携帯型のWindows搭載ゲーム機。

ハイエンドなモバイル向けチップセットを採用しており、今後登場する最新版は↓のONEXPLAYER Mini Proで、Ryzen 7 6800U搭載です。

多数のUMPC(超小型ノートパソコン)をリリースしているOne-Netbook社。 同社が展開する携帯型Windowsゲーム機がONE...

さて、このONEXPLAYERですが、より低速なチップセットを採用した廉価版「ONEXFLY」がベータテスト中です。

weibo等で公開された情報によると、本機は6インチ(1920×1080)ディスプレイで、AMD Ryzen 5 7520Uを搭載。

現行のONEXPLAYERシリーズは最小のMiniが7インチなので、さらに小型化。

Ryzen 5 7520UはAMDが今年5月に発表したMendocino世代のAPU。CPUコアはZen 2、GPUはRDNA 2アーキテクチャで、6nmに微細化。Radeon 610M GPU搭載の4コア8スレッドです。WindowsやChromeOSを搭載したモバイル機向けの省電力チップ。

価格・パフォーマンスともに、ONEXPLAYERシリーズよりもかなり抑えられるでしょう。

↓でレビューしたAnbernic Win600やAYANEO AIRシリーズのように、昨今は廉価で小型なWindowsゲーム機が増えてきています。

今回は、昨今新機種が続々登場しているWindows搭載ゲーム機「Anbernic WIN600」をレビューしていきます。 Anbern...
以前からお伝えしてきた携帯型Windowsゲーム機のAYANEO AIRシリーズですが、国内版の予約が開始しました。 全部で4機種あり...

最新3Dゲームはプレイできませんが、軽めのタイトルやストリーミングでゲームをする、エミュレータを動かすなどの用途です。

似たコンセプトで、↓のロジクール製Logitech G CloudなどAndroid採用機も増えています。

下記でお伝えしていたロジクールのAndroid搭載携帯型ゲーム機「Logitech G Cloud」が正式に発表され、予約を開始しました。 ...

今後は、こういったスペックそこそこで5~10万円の価格帯が主流になるかもしれません。モバイルハイエンドを志向してきたこのカテゴリーの潮流が変化しつつあるようです。

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!