シャオミの1kg切りAndroidプロジェクター「Wanbo T2MAX」レビュー!【1万円台でセール中】

シェアする

今回は、シャオミのコンパクトなプロジェクター「Wanbo T2MAX」をレビューしていきます。

本体は↓のように片手で持てて、1kgを切って軽量です。また、Androidがインストールされているため、単にPCやスマホの画面を映すだけでなく、Android TVのようにアプリを入れてタブレットのように使えます。

現在、Banggoodのこちらのページで販売されています。

さらに5月5日までの期間、限定クーポンコード「BGJP335」を適用すれば、送料や保証込みで17,057円で購入可能に。

それでは、さっそく見ていきましょう!

外観とスペック

同梱物は、↓のようにプロジェクター本体、ACアダプター、リモコン、マニュアルです。

リモコンは電源や方向キー、ホームボタン、音量ボタン、戻るボタンなどシンプル。操作に迷うことはありません。

単4電池2本で駆動します。

本体は、左右側面にそれぞれ3wのスピーカー、上部に電源ボタンとフォーカスつまみがついています。フォーカスはマニュアルで合わせます。

背面には、DC-IN、USB Type-A、HDMI、イヤホンジャックと排気穴。

底面には、ゴム足のほかに三脚ネジ穴が空いています。

重量は実測で約907g。プロジェクターとしてはかなり軽量な部類です。

実際の映像

プロジェクターを起動すると、↓のようにメニューが表示されます。

YouTubeやブラウザなどのアプリ、ニュースなどを、リモコンの方向キーで選択して起動できます。プロジェクターをWi-Fiにも接続できます。

「あれ?これはプロジェクターでは?」

と思うかもしれませんが、ご安心を。「Source」では、たとえばHDMIを接続していたら「HDMI」と出てきて、それを選択すれば接続しているPCやスマホの画面を投影できます。

設定画面を開くと、完全にAndroid。バージョンは6.0が入っています。Androidのホーム画面を、スマートテレビにアレンジしているんですね。いわゆるAndroid TVではありません。ホームをカスタマイズした普通のAndroidです。

画面サイズですが、94cmで30インチから、2.84メートルで100インチまでの大きさで投影可能です。

LED投影で明るさは200ANSIルーメン、解像度はFullHD(1920x1080p)。昼間に蛍光灯の明かりの下では見づらいですが、電気を消せばクッキリ鮮明に写ります。

放熱のための排気音は、ちょっとうるさいノートパソコン程度。プロジェクターとしては静かな方だと思います。

持ち運びもできるお手軽プロジェクターとして

以上、シャオミのコンパクトスピーカー「Wanbo T2MAX」を見てきました。

軽量でコンパクト、投影の明るさや音量も十分で、気軽に使えて取り回しの良い1台です。

1万円台ということで気張らずに買えるのも嬉しいポイント。

また、一般的な映像の投影だけでなく、プロジェクター単体としてネット接続して、YouTubeやNetflixを楽しむこともできます。

高度な映像調整やmicroSD投影などはできませんが、ベーシックに手軽に使える1台に仕上がっています。

気になった方は、ぜひチェックしてみて下さい。

現在、Banggoodのこちらのページで販売されています。

さらに5月5日までの期間、限定クーポンコード「BGJP335」を適用すれば、送料や保証込みで17,057円で購入可能になっています。

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!