今回のAmazonタイムセール祭り最大の特徴は「ポイント」【条件や還元率の整理・まとめ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 84

今や恒例になったAmazonのタイムセール祭り。

今回は、実施期間を87時間に伸ばして、4/20(土)9:00〜4/23(火)23:59です。

毎度おなじみ、何をセールするかは見せておいて、一定時間ごとにセール価格が解禁されていき、規定の数の注文が入ったら終了してキャンセル待ちに移行するシステムです。

さて、もちろん今回も、完全ワイヤレスイヤフォンやゲーミングモニターなど、目玉商品がたくさん用意されているのですが、本当の目玉は、こっそり同時開催されている「ポイントアップチャンス」です。

セール品以外も対象で最大5,000ポイント還元

最近は、PayPayの100億円キャンペーンをきっかけに、LINE Payやdポイントなど、あらゆる電子決済サービスで、高率のポイント還元キャンペーンが展開されています。

もはや数が多すぎて訳が分からない状況です。

ガジェットがらみでいえば、ビックカメラがPayPayもLINE Payもうまく乗ることで、元からある10%ポイント還元と合わせて20%以上の還元率を継続して一気に売上を伸ばしました。

さて、今回のAmazonタイムセールですが、商品のセールと同時に、「ポイントアップチャンス」なるキャンペーンが実施されています。

これは最大5,000Amazonポイント(5,000円相当)のポイントが還元されるキャンペーンで、タイムセールと同じ期間で実施されていますが、対象商品はタイムセール品に限らずすべての商品が対象です。(ただしAmazonギフト券や予約商品等は除きます)

この「ポイントアップチャンス」の仕組みですが、まず条件は下記の通りです。

こちらのキャンペーンページにアクセスして、サインインします。

そこから、今回の期間すなわち4/20(土)9:00〜4/23(火)23:59にお買い物をするだけです。

ポイントアップには条件があって、下記の仕組みで最大8.5%還元されます。

プライム会員だと3%還元され、ショッピングアプリ(Amazonのスマホアプリ)で買うと2%還元され、Amazon Mastercardを使うと更に1%還元され、それに加えて、Amazon Mastercardの通常の還元率が加わって最大8.5%の還元になるというわけです。

Amazon Mastercardは、ゴールドか、非ゴールドでプライム会員か、非ゴールドで非プライム会員かで還元率が異なります。

結構ややこしいのですが、見やすい早見表をAmazonが用意してくれています。

それがこちら↓

なるほど、この表を左から見ていけば、どういう条件だと何%還元されるのか、分かりやすいですね。

そもそも購入金額が1万円以上というのが、この「ポイントアップチャンス」の前提条件になっているようです。

そのうえで、プライム会員か否か、アプリ購入か否か、Amazon Mastercard利用か否か、ゴールドかクラシックかで条件が分岐していきます。

カードやプライムは、有料の登録が必要ですが、誰でもすぐにできるポイントアップ対策としては、ウェブサイトではなくAmazonアプリ経由で1万円以上購入することですね。それだけで、2%のポイントアップが見込めます。

あと2日ですが、欲しかった物がある方はこのチャンスに買ってみてはどうでしょうか。

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デイリーガジェットをフォローする