MicrosoftがXbox One版リモートプレイや次世代機情報を発表

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 84

現在開催中の世界最大のゲーム見本市E3で、マイクロソフトがXbox関連のいくつかの発表を行いました。

まず、次世代機の「Scarlett」です。

8K解像度サポート、120fps、リアルタイムレイトレーシング、SSD、過去のXboxとの後方互換性などが特徴で、2020年後半に登場予定です。

Xbox Project Scarlett – E3 2019 – Reveal Trailer

また、期待されているProject xCloudについて。

xCloudは、GoogleのStadia同様、クラウドベースでXboxのゲームがあらゆる端末からプレイできるようになるプロジェクトです。

これについては、自宅のXBoxをサーバとして外出先などでスマホやタブレットからWi-Fiや4Gで接続してプレイできる、サービスが今年10月にも開始されるようです。

これはまさに、ソニーのプレイステーションでできるリモートプレイ機能と同じものです。

リモートプレイでは、自宅のPS4に外出先からアクセスしてリモートでゲームをプレイできます。

専用アプリがAndroidやiOSに提供されています。

ただ、StadiaのようにAzure上で演算を行ってブラウザなどからプレイできる方のサービスはまだ正式発表にはなりませんでした。

これ以外にも、いくつかのゲームタイトルの発表がありました。

おわり