Celeron搭載で安価なOneMix1S登場【現在のOneMixシリーズのスペックを全比較してみる】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 63

7月末の発売開始に向けて、現在先行予約を開始しているOneMixシリーズの最新モデルOneMix3。

5月に海外サイトGearbestで先行予約が開始されていたOne-Netbook社の8.4インチUMPC(小型PC)のOneMix3、One...

360度回転のYogaスタイルディスプレイ、スタイラスペン対応、指紋認証搭載などが特徴的な、8.4インチのUMPC(小型PC)です。

7インチサイズだった2Sまでと比較して、大型化しました。

さて、このOneMixシリーズに、なんとOneMix1Sも登場しました。

ECサイトgeekbuying.comでプレオーダーが開始されました。

こちら、OneMix2Sよりも更に安価で、現在はスタイラスペンなしモデルが49,083円、スタイラスペンセットのモデルでも50,199円で予約販売されています。

後述するスペック表を見れば分かりますが、筐体はほぼOneMix2Sのものと同等のようです。

このモデルが登場した意図は明らかで、GPDの最新モデルGPD P2 Maxや、先日クラウドファンディングを開始したChuwi MiniBookなどの競合UMPCに、Celeron搭載の安価なラインが登場しているからです。

2019/6/21追記:クラウドファンディングが、予定よりも早まって6/26に開始することになりました。スペック、価格を下記にまとめました。...
2019/6/19追記:クラウドファンディング開始しました!下記にまとめてあります。 本日6月19日の午後11時にクラ...

スペックはOneMix2Sと比較するとわかりやすく、CPUがCore m3-8100YからCeleron 3965Yに、ストレージが半分の128GBになっています。

シリーズのスペックを比較すると、↓のようになります。

これにより、主要なUMPCモデルすべてで、Celeron搭載 の廉価モデルが出そろったことになります。

8インチクラスのUMPCを競合の中で一番最初に国内正規販売スタートするOne-Netbook社のOneMixシリーズ。

GPD Pocketも一番売れているのはCeleron搭載のAmber Blackですので、1Sのスペックで十分だというユーザーは少なくないと思われます。

廉価版の1Sについても、早く国内正規販売してほしいですね。

おわり