2021年のUMPC(超小型ノートパソコン)全まとめ比較【随時更新】

[更新履歴]

  • 2021/1/10:LAVIE MINIとAYA NEOを追記

2010年代後半から、深圳系メーカー中心に2度目のブームが到来し、にわかに盛り上がりはじめたUMPC(超小型ノートパソコン)。

手のひらサイズの小さなノートパソコンです。

次世代OneMix4は10.1インチに大型化 OneMixシリーズやOneGxシリーズなどのUMPCを多数リリースしているOne-Ne...

デイリーガジェットは「UMPC大好きメディア」として常に最新情報やレビューをお届けしていますが、販売モデルが多岐にわたるため、このページにまとめたうえで比較できるようにします。(今ページで最新情報を随時更新していきます)

販売中の現行機だけでなく、今後登場が予想されているモデルの情報も一覧できるようになっています。

それでは見ていきましょう!

※2021.1.31までの期間限定・台数限定で、Banggoodで多数のUMPC独占クーポン発行されました。気になる方は下記ご確認ください↓

デイリーガジェットはUMPC(超小型ノートパソコン)が好きで好きでたまらないんだー!愛しているんだー! と日々このサイトやYouTub...

6~7インチ

UMPCといえばこのサイズ!

(がんばれば)ポケットに入り、いつでもパッと取り出してコンピューティングを楽しめます。

主役はGPD社とOne-Netbook社ですが、流通大手ドン・キホーテがPBで出すなど、面白い動きが続いています。

昨今は8インチクラスに大型化した新機種が多いですが、やはりUMPCといえば7インチ!という方も多いでしょう。

スペック比較表

現行機は、汎用デザインのGPD Pocket2シリーズとOneMix 1Sシリーズ、「エンジニア向け」を謳うGPD MicroPCとOne-Netbook A1に大別されます。

UMPCの中では価格が一番安く、買いやすいのも嬉しいポイント。

モデル名 One-Netbook A1 OneMix 1S+ GPD MicroPC GPD Pocket 2/2S NANOTE
発売 発売中 発売中 発売中 発売中 発売中
CPU Core m3-8100Y Core m3-8100Y Celeron N4100 Celeron 3965Y Atom Z8350
GPU UHD 615 UHD 615 UHD 600 UHD 615 HD 400
RAM 8GB 8GB 6GB 4GB/8GB 4GB
ストレージ 256GB/512GB 256GB 128GB 128GB/256GB 64GB
microSD
OS Windows10 Home Windows10 Home Windows10 Pro Windows10 Home Windows10 Home
ディスプレイ 7インチ 7インチ 6インチ 7インチ 7インチ
解像度 1920×1200 1920×1200 1280×720 1920×1200 1920×1200
筆圧検知 2,048段階 2,048段階
重量 550g 515g 440g 510g 520g
バッテリー容量 6,000mAh 6,800mAh 6,200mAh 6,800mAh 5,000mAh
その他機能 2-in-1 2-in-1 タッチパッド、RS232C 2-in-1
価格帯 8.0-8.7万円 7.7万円 4.9万円 6.0 – 8.5万円 2.0万円
販売リンク アマゾン

テックワン

アマゾン

テックワン

アマゾン

天空

アマゾン

天空

ドンキ店頭

One-Netbook A1

デイリーガジェットのベストバイ2020のUMPC部門にも選んだOne-Netbook A1。

2020年も本日で終了です。 今回は毎年恒例の、デイリーガジェット・ベストバイ2020です。 日々大量のガジェットを購入...

↓のように画面を開いて180度回転させてパタッと倒すことでタブレットにもなります。懐かしのFMV LOOX U B50タイプ。

UMPCとして「そこそこでちょうどいい」のがこのOne-Netbook A1です。拡張性が高いのも特徴。

今回は、2020年12月4日(金)に発売される新型の7インチUMPC(超小型ノートパソコン)「One-Netbook A1」の試作機をお借り...

このサイズにしてはキーボードも打ちやすくなっています。

先日発売になった、One-Netbook社の新型7インチUMPC(超小型ノートパソコン)「One-Netbook A1」 デイリーガジ...

ギャルゲーをプレイするにも最適です。↓

下記でレビューした7インチのUMPC(超小型ノートパソコン)「One-Netbook A1」は、いきなりですがギャルゲーのプレイに最適な端末...

OneMix 1S+

ディスコンになった2Sシリーズにかわり、7インチの360度回転ディスプレイ機構を引き継いだOneMix 1S+。

One-Netbook A1とスペックはよく似ていますが、アイソレーション型キーボードと、360度回転してタブレットになる通称「Yoga機構」を搭載しています。

OneMixシリーズの中では価格も一番安いエコノミーモデルです。

GPD MicroPC

One-Netbook A1より先に「エンジニア向け」を謳って登場した本機。

6インチと小型ながらタッチパッドを搭載し、豊富な拡張性を備えています。

サーバルームなど「現場」利用に適した特徴を備えます。

GPD Pocket2/2S

UMPCといえばGPD Pocket!という方も多いのではないでしょうか。

GPD Pocketシリーズの定番機種である2です。

510gと軽量で、安価なブラックは5万円台で購入できます。

NANOTE

唯一のAtom搭載機。低速で、万人向けの商品ではありません。

ただ、ドン・キホーテ店頭で購入でき、さらに税別19,800円というぶっちぎりの低価格。

下記でお伝えしていた、ドン・キホーテのプライベートブランドである格安PCライン「情熱価格PCシリーズ」の新商品「NANOTE(ナノート)」。...

色々といじって遊ぶのも楽しいです。

下記で世界最速レビューした、先日発売になったドン・キホーテの税別19,800円格安7インチUMPC(超小型ノートパソコン)「NANOTE」(...
下記で世界最速レビューした、ドン・キホーテの税別19,800円格安7インチUMPC(超小型ノートパソコン)「NANOTE」(ナノート) ...

8インチ~

現在、汎用UMPC(ゲーミングなどの特定用途に特化したモノでなく、ビジネスやブラウジングなど「一般的な」用途に向けたUMPC)では主流になっているのがこのサイズ。

簡単に言うとiPad miniサイズです。

7インチクラスよりもキーボードが打ちやすく、画面も大きくなっていて、より「普通のPC」に近い使い方ができます。

スペック比較表

Chuwi MiniBookがディスコンになったため、現在は下記のラインナップ。最も多くのメーカーが製品を投入しているサイズ帯です。

モデル名 OneMix 3(3S+/3Pro/プラチナ) GPD P2 Max FFF MAL-FWTVPCM1 Magic-Ben MAG1 OneMix4
発売 発売中 発売中 発売中 発売中 2021年春
CPU Core i3-10110Y/
Core i5-10210Y/
Core i7-10510Y
Core m3-8100Y Pentium Silver N5000 Core i7-8500Y/
Core m3-8100Y
Tiger Lake
GPU UHD 615 UHD 615 UHD 605 UHD 615
RAM 8GB/16GB 16GB 4GB 8GB/16GB
ストレージ 256GB/512GB 512GB/1TB 128GB 256GB/512GB
microSD
OS Windows10 Home Windows10 Home Windows10 Pro Windows10 Home
ディスプレイ 8.4インチ 8.9インチ 8インチ 8.9インチ 10.1インチ
解像度 2560×1600 2560×1600 1920×1200 2560×1600
筆圧検知 4,096段階 スタイラス対応
重量 659g-670g 650g 674g 690g
バッテリー容量 8,600mAh 9,200mAh 3,500mAh 8,600mAh
その他機能 2-in-1 タッチパッド搭載 2-in-1 タッチパッド、LTE版あり
価格帯 10-15万円 8.8万円 6.0万円 10万円
販売リンク アマゾン

テックワン

アマゾン

天空

アマゾン

店頭

アマゾン テックワン

春には10.1インチのOneMix4が登場します(サイズはUMPCではないですが)。

OneMix3シリーズ

Core iシリーズCPUを搭載した、One-Netbook社の主流汎用機シリーズです。

打ちやすいキーボード、360度画面回転によるタブレット利用、4,096段階筆圧検知スタイラスペン利用もできます。

秋葉原のカフェでこのシリーズを使っている人を、2020年は10回ほど目にしました。

GPD P2 Max

UMPCの8インチ化の流れを決定づけた一台。

タッチパッドと広いキーボードを搭載し、スタイラスペンにも対応しています。

FFF MAL-FWTVPCM1

秋葉原にPREMIUM STAGEというお店も展開しているFFF Smart Life Connected社がリリースしたUMPC。

M.2増設スロットを搭載し、日本語キーボードです。

スペックは抑えめながら5万円台で購入でき、秋葉原の店頭でも売られています(レジ横)。

Magic-Ben MAG1

GPD P2 MaxとOneMix3シリーズを足して2で割ったようなモデルです。

GPD P2 Maxによく似たタッチパッドと、OneMix3シリーズとほぼ同じ日本語配列キーボードを搭載し、LTE対応モデルもあります。

8インチクラスのUMPCとして、後発の利を活かして使い勝手が良いです。

Magic-BenのMAG1は、iPad miniとほぼ同サイズの8.9インチUMPC(超小型ノートパソコン)です。 一般的なスマホと...

OneMix4

2021年春に登場予定の10.1インチ新型UMPC。

Let’s note RZやSurface Goと同じディスプレイサイズながら最小フットプリントを実現する予定です。

UMPCではありませんが、使いやすい小型PCになる予定です。

ゲーミングUMPC

CPUの高速化を受けて、UMPCはゲーミング用のハンドヘルドPCとしても進化を続けています。

処理速度が向上しディスプレイが高解像度化しても、一般的な13インチ以上のPCと同じようにオフィスソフトなどを使うのは厳しいのも事実。(見やすさや操作性の観点で)

その点、ゲームであれば携帯型サイズでも問題なくプレイできます。

スペック比較表

次々と新モデルが投入されています。Tiger Lake搭載機であるGPD WIN3とOneGx1 Proという2大モデルが2021年には登場します。

モデル名 OneGx1 OneGx1 Pro GPD WIN MAX GPD WIN2 GPD WIN3
発売 発売中 2021年1月 発売中 発売中 2021年春
CPU Core i5-10210Y Core i7-1160G7 Core i5-1035G7 Core m3-8100Y Core i7-1165G7/
Core i7-1135G7
GPU UHD 615 Iris Xe Iris Plus UHD 615 Iris Xe
RAM 8GB/16GB 16GB 16GB 8GB 16GB
ストレージ 256GB/512GB 512GB/1TB 512GB 128GB/256GB 最大1TB
microSD
OS Windows10 Home Windows10 Home Windows10 Home Windows10 Home Windows10
ディスプレイ 7インチ 7インチ 8インチ 6インチ 5.5インチ
解像度 1920×1200 1920×1200 1280×800 1280×720 1280×720
筆圧検知 2,048段階 2,048段階
重量 625g 623g 790g 460g 560g
バッテリー容量 12,000mAh 12,000mAh 15,000mAh 9,800mAh 7,600mAh
その他機能 着脱式コントローラ、LTE対応版 着脱式コントローラ、LTE対応版 コントローラー付 コントローラー付 コントローラー付、スライド式キーボード
価格帯 11-12万円 15.5-19.5万円 11-12万円 8.7万円 10万円前後
販売リンク アマゾン

テックワン

アマゾン

テックワン

アマゾン

天空

アマゾン

天空

クラウドファンディング

天空

OneGx1

第10世代Core i5を搭載し、Nintendo Switchライクな着脱式コントローラーに対応したゲーミングUMPC。

本命機のOneGx1 Pro登場で少し影が薄いところもありますが、プレイするタイトルによってはコスパ高い一台になります。

2020/8/10追記:ゲーミングUMPCでライバル機となるGPD Win MaxとOneGx1の比較レビューをアップしました。↓ ...

OneGx1 Pro

ゲーミングUMPC「OneGx1シリーズ」の本命機。Tiger Lake搭載のすごいやつです。

ストVやMHWも滑らかにプレイ可能です。OneGx1同様に、着脱式コントローラー対応。

OneMixシリーズなどのUMPC(超小型ノートパソコン)をリリースしているOne-Netbook社総代理店の株式会社テックワン主催で、On...

GPD WIN MAX

第10世代搭載ながら、高速なゲームプレイが可能なGPD WIN MAX。キーボード上部にゲームコントローラーとタッチパッドが付いており、操作性も○。

重めのゲームもプレイでき、キーボードも打ちやすく一般利用にも便利な魅力的な一台。

2020/8/10追記:ゲーミングUMPCでライバル機となるGPD Win MaxとOneGx1の比較レビューをアップしました。↓ ...
2020年のUMPC(超小型ノートパソコン)は、ゲーミングが一大トレンドになっています。 両雄であるGPD Technology社とO...

GPD WIN2

登場から数年たっていますが、毎年リニューアル版が出される愛されキャラ的な一台。

ゲーミングと呼ぶのは無理がありそうなスペックではありますが、↓のようにGTA5もプレイできるすごいやつです。

今回は、GPD Technology社の6インチゲーミングUMPC(超小型ノートパソコン)「GPD WIN2」をレビューしていきます! ...

コントローラー一体型筐体や、親指ポチポチキーボードも、モバイルPCゲーマーとしては魅力的なデザイン。

GPD WIN3

2021年春に登場予定の新型ゲーミングUMPC。

最大の特徴は、↓のようにVAIO Type-Uと同じスライド式キーボードになっている点。

キーボードを閉じれば↓のように完全にゲーム機になります。

Tiger Lake搭載でパフォーマンス高く、クラウドファンディング価格で10万円を切るコスパの高さも魅力。

2021年本命機の一つ。

GPD社の新型ゲーミングUMPC(超小型ノートパソコン)「GPD WIN3」のクラウドファンディングページが、Indiegogoにオープンし...

キーボード搭載Android

UMPCといえばWindows PCがメインですが、モバイルOSの世界でもQWERTYキーボード搭載機の伝統は途切れず続いています。

ザウルス、W-ZERO3、Blackberryなどから連綿と続くこのジャンルも見逃せません。

スペック比較表

現行機は、英Planet ComputersのCosmo Communicatorと、F(x)tec Proシリーズ。いずれもデュアルSIM対応のSIMフリーAndroidマシンです。

モデル名 Cosmo Communicator F(x)tec Pro1
発売 発売中 発売中
CPU Helio P70 Snapdragon 835
RAM 6GB 6GB
ストレージ 128GB 128GB
microSD
OS Android 9 Android 9
ディスプレイ 5.99インチ 6インチ
解像度 2160×1080 2160×1080
重量 326g 243g
バッテリー容量 4,220mAh 3,200mAh
その他機能 デュアルSIM デュアルSIM
価格帯 6.5万円 10万円
販売リンク アマゾン

イオシス

アマゾン

Cosmo Communicator

クラムシェル型で、背面にもミニディスプレイがついた一台。

前モデルのGemini PDAから順当進化しています。

本日(2018年12月23日)、小型のキーボード付きAndroid端末であるGemini PDAの国内販売が開始されました。 もともとはI...
この年末は、福岡へ取材を兼ねて旅行をしました。 (取材した記事は、下記になります。) 取材旅行では、Gemini...
先日、Gemini PDAを持って取材旅行に行き、記事にまとめました。 この中で、Gemini PDAのキーボードの問題点につ...

日本語キーボードモデルもあり。

イオシスでは、未使用品が大量販売されています。

キタコレーーーーーーーー!!!!! イオシス各店とオンラインストアでは、英Planet Computersのキーボード搭載スマートフォ...

F(x)tec Pro1

スライド式キーボードのF(x)tec Pro1です。

キーボード部を収納すれば、少し厚手ですが普通のスマホの見た目です。

親指ポチポチ式キーボードです。

登場するかもしれないUMPCたち

このセクションでは、まだ登場することが確実ではないモデルをご紹介します。

いずれもゲーミングUMPCです。

LAVIE MINI

CES ’21でNEC(レノボ)が発表したコンセプトモデルです。

着脱式ゲームコントローラーとドックを備え、ディスプレイが360度回転するYoga機構を備えたゲーミングUMPCです。

日本語キーボード搭載の激アツマシンです。

明らかにされているスペックは下記の通り。

  • ディスプレイ:8インチ(1920×1200)
  • アスペクト比:16:10
  • サイズ:20cm x 14.7cm(厚さは情報なし)
  • 重量:約579g
  • CPU:第11世代Intel Core i7
  • GPU:Intel Iris Xe Graphics
  • その他:
    • 360度回転ヒンジによる2-in-1機構
    • 光学式タッチセンサーによるカーソル操作
    • 専用ゲームパッドとドッキングして携帯ゲーム機化
    • 4k解像度サポートのドッキングステーションで据置ゲーム機化
    • 価格:未定
    • 発売日:未定

詳細は↓をご覧ください。

NECパーソナルコンピュータ株式会社が1月7日、同日開催中のAll-Digital CES 2021のレノボバーチャル出展において、ゲーム機...

Aya Neo

コチラは中国ですで展示されたRyzen 5搭載のゲーミングUMPCです。

中国から、また新たなゲーミングUMPC(超小型ノートパソコン)が登場するかもしれません。 ゲーミングUMPCといえば、GPD社のGPD...
下記でご紹介した、新型のWindowsポータブルゲーミングデバイス「AYA NEO」 ↓のように、ゲームコントローラーが一体化...

キーボードは搭載しておらず、ゲーム機に特化しています。

スペックは下記の通り。

  • CPU:AMD Ryzen 5 4500U(6コア6スレッド)
  • GPU:AMD Radeon Vega 6
  • RAM:16GB DDR4-4266 LPDDR4X
  • ストレージ:512GB PCIe NVMe M.2 2280 SSD
  • 色域:sRGB 99%
  • ディスプレイ:7インチ(1280×800)IPS(5点マルチタッチ)
  • バッテリー:47Wh
  • ポート類:USB Type-C x3、イヤホンジャック
  • 通信:Wi-Fi 6
  • 重量:650g

メーカーはグローバル展開にも言及していることから、登場の可能性があります。

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!