両面ディスプレイのスマホNubia Xが3日間限定で4万円で販売中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 63

ZTE(中興通訊)の元子会社として比較的ハイエンドなスマートフォンをリリースしてきたNubiaが発売している両面ディスプレイのスマートフォン「Nubia X」

ECサイトのGearbestで、このモデルが3日間限定で21%OFFの40,326円でフラッシュセール中です。

まずスペックは下記の通り。

  • SIMスロット:Dual Nano SIM
  • CPU:Snapdragon 845 2.8GHz
  • RAM:8GB
  • ストレージ:128GB
  • ネットワーク:
  • 2G: GSM,GSM 1800MHz,GSM 1900MHz,GSM 850MHz,GSM 900MHz
  • ネットワークタイプ:CDMA,FDD-LTE,GSM,TD-SCDMA,TDD-LTE,WCDMA
  • ディスプレイ:6.26インチ(1080 x 2280)、5.1インチ(720 x 1520)
  • カメラ:二眼 16MP、24MP
  • 防水:なし
  • バッテリー容量:3,800mAh
  • 重量:182g
  • サイズ:15.41 x 7.33 x 0.84 cm

オモテ面には通常のディスプレイとして6.26インチ液晶が、ウラ面には5.1インチの有機ELディスプレイを搭載しています。

ウラ面にディスプレイがあるため、セルフィー(自撮り)は通常の背面カメラを利用できます。これにより、オモテ面はノッチがない全面ディスプレイを実現しています。

2眼のメインカメラをセルフィーとして使えるため、背景ボカシなどポートレードモードが利用できます。

また、面白いことに左右両側面に指紋センサーが搭載されています。

何がいいのかというと、まずオモテ面、ウラ面どちらを使う場合でも使い慣れた方のセンサーで認証ができるのはもちろんのこと、両方のセンサーに触れることでオモテとウラのディスプレイ表示を切り替えることができます。

また、ウラ面は有機ELのため、黒い表示では電力をほとんど使いません。

その特性を活かして、XperiaやGalaxyのアンビエントディスプレイのように、常時時計やステッカーを表示しておくことができます。

上記のイメージは若干ミスリーディングで、実際はオモテ面よりも小さい5.1インチディスプレイなので全面にベゼルがありますし、アンビエント表示の時は背景が黒くなります。

いずれにせよユニークなモデルでスペックも高いため、お買い得です。

欲しい方はサイトをチェックしてみて下さい。

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デイリーガジェットをフォローする