Lenovoが格安タブレットMシリーズに7インチと8インチを追加

レノボは、格安AndroidタブレットのMシリーズに、新たに7インチと8インチを追加します。

10月からの販売をアナウンスしており、日本でも発売されることが予想されます。

追加になるのは、下記の3モデル。

  • M7
    • MediaTek MT8321 CPU、1,024 x 600ピクセル、1〜2GB RAM、8〜32GBストレージ、2MPカメラ、3,500mAhバッテリー
    • microSD、microUSB、3.5mmヘッドホンジャック
    • 89ドル(約9,500円)〜
  • M8(HD)
    • MediaTek A22 CPU、1,280 x 800ピクセル、2〜3GB RAM、16〜32GBストレージ、5MP/2MPカメラ
    • microUSB、3.5mmヘッドホンジャック
    • 109ドル(約12,000円)〜
  • M8(FHD)
    • M8(HD)のディスプレイがFullHDになったもの
    • 159ドル(約17,000円)〜

それぞれ、LTEモデルも用意されるようです。

M7の最廉価モデルには、軽量版のAndroid Goが、それ以外にはAndroid 9 Pieが搭載されます。

最低価格が89ドルからと、かなりの廉価端末になっています。

これは、”HD”や”FHD”と名称についている点や、7インチ、8インチ、10インチという画面サイズ、価格帯などから見て、AmazonのFire HDシリーズに対抗していることは明らかです。

(10インチのLenovo M10はすでに発売中です)

Fireタブレットに対する優位性として、OSがあります。

FireタブレットはFire OSというAmazonカスタムのAndroidが搭載されており、Google Playストアからアプリを入れることが基本はできません。

ただ、LenovoのMシリーズは、Android搭載のため、アプリ資産を利用できます。

そのかわり、Fireタブレットは価格で優位性を持っています。

Fireタブレットもキッズモデルがありますが、このLenovo Mシリーズも、キッズ・ファミリーは主要なターゲットの一つとなっています。

おわり


デイリーガジェットYouTubeチャンネル開設!

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、取り上げた商品をレビューする動画をYouTubeに公開しています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする