2万円で買える家庭用プロジェクターの性能がすごい!VIVIMAGE「EXPLORE 3」レビュー【超コスパ】

プロジェクターと聞くと、会社の会議室にあって、不格好で大きく、すごい熱を発し、VGAやHDMIの太いケーブルが散乱し、投影される映像はHD画質の低解像度、というイメージの方も多いと思います。

ただここ最近、家庭用プロジェクターが流行していることもあり、そういったイメージとは真逆の製品が多数販売されています。

しかも、わずか2万円程度で購入できる製品であっても、デザインは洗練され、FullHDで高性能なスピーカーが搭載されていたり、Wi-Fiで投影できたりと、非常にコスパも高くなっています。

テレビを観ない方にとっては、NetflixやYouTube、あるいはゲームなどを大画面で楽しめるという意味では、テレビや大型ディスプレイ代わりとしても優秀です。

今回は、Amazonなどでもユーザー評価が高い、VIVIMAGEの「EXPLORE 3」という製品をレビューします。

この製品、なんと300インチまで投影できます↓しかも後ほどご紹介しますが、驚くほど鮮明な映像が出ます。

アマゾンで↓のように税込26,980円ですが、5,000円OFFクーポンやタイムセールなどで、2万円程度で購入できます。(現在、アマゾンタイムセールで約2万円で販売中です)

テレビで300インチですと、何百万円するかわかりません。

というわけで、さっそく本機の実力を見ていきましょう。

内容物一覧とスペック

本体、リモコン、電源ケーブル、HDMIケーブル、AVケーブル、USBカードリーダー、マニュアル類が同梱されています。↓

本体は、白を基調とした局面で覆われており、前面にはグラデーションのラインが入っているスタイリッシュなデザインになっています。↓

リモコンは単4電池2本で動きます。↓

機能は、円形のカーソルボタンの下の独立3ボタンは、左から「戻る」、「メニュー表示」、「入力ソース」です。

「入力ソース」で、HDMIやUSBなど、映像の入力元を選択します。↓

このあたりは一般的な機能ですね。

一番下は、左右が音量+-、真ん中が台形補正です。

プロジェクタの投影部は↓のようになっており、絞りでフォーカス合わせができます。

スペックは下記の通りです。

  • LED輝度:6500LUX
  • コントラスト率:6000:1
  • 補正:四方向台形補正
  • 画面比率:16:9 4:2 auto
  • 投射サイズ:53~300インチ
  • 解像度:1920×1080(FullHD)
  • スピーカー:10W/8Ωx2
  • ランプ寿命:60000時間
  • サイズ:293 x 204 x 115mm
  • 重量:2.9kg

ポート類は、↓のようにHDMIが2つ、USB、AV入力、音声出力、電源ボタン、電源端子です。

スペックにもあるとおり、10w/8Ωのスピーカーが、本体左右に2つ搭載されています。

逆側のスピーカー↓

本体上部のボタンは↓のようにとてもシンプルです。メニュー表示、カーソル、OK、戻るですね。

本体の前下部には、↓のように高さ調整の足がついています。

では、実際に投影した映像を見ていきましょう。

こんなに綺麗なの!?

まず、本機の投写距離とサイズの目安は下記の通りです。

  • 本体からの投写距離:画面サイズ
  • 1.8m:53インチ
  • 2.5m:75インチ
  • 3.0m:90インチ
  • 5.0m:150インチ
  • 10.2m:300インチ

台形補正については、↓のように一般的なプロジェクタ同様、リモコンや本体ボタンで細かく調整も可能です。

また、画像モードと呼ばれるオプションがあり、コントラスト・明るさ・色・切れ味・色相という5パラメータのセットで、「自然に」などいくつかのモードが用意されています。

これにより、映画を観るとき、プレゼンを写すときなど、用途に応じて最適なモードを使い分けることもできます。

もちろん、ユーザー設定のモードも可能です。

ではまず、約2mの距離から、60インチほどの映像を映してみます。

それが↓で、秋葉原のメイド通りの映像です。写真ではわかりにくいかもしれませんが、これは驚くほど鮮明な映像でした。

また、100インチほどに拡大しても、映像の鮮明さはほとんど損なわれません。↓

FullHDなので解像度が高いというのもありますが、色のコントラストや発色など、いかにもなプロジェクター画質ではなく、大画面のディスプレイで見ているかのようなクオリティです。

また、本体両面のスピーカーからの音質や音量も優れており、映像コンテンツ視聴も大迫力で楽しめます。

↓のデイリーガジェットYouTubeチャンネルで、様々に投影した動画をアップしていますので、ぜひご参考までにご覧ください。

2万円で買える家庭用プロジェクターの性能がすごい!VIVIMAGE「EXPLORE 3」レビュー【超コスパ】

日常が楽しくなる

というわけで、この迫力で映像を視聴できるのであれば、個人の動画や映画の視聴体験もレベルアップします。

画質の良さや画面の大きさだけでなく、スピーカーの迫力もあるというのが、ポイントです。

また映像コンテンツだけでなく、上記YouTubeでもご紹介していますが、スマホやタブレットから出力して、大画面でゲームを楽しんだり、寝転びながら天井に大きくブラウザを投影してウェブ閲覧をしたりと、楽しみ方は様々です。

2万円なので、大型ディスプレイよりも安くこの体験が楽しめるので、オススメです。

ぜひ検討してみてください。↓

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

一見怪しいですが実は心優しい、デイリーガジェット動画部のケン氏(下記イラスト真ん中)がゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!