1万5千円のOSMO Pocket!?ノンブランド品の3軸ジンバルが爆安セール中!

Osmo Pocketのヒットから、3軸ジンバルカメラが一般的になってきました。

↓でレビューしましたが、細長い筒状で、スタビライザーとなるカメラヘッド部が3方向に自動で回転することで、手ぶれや傾きをキャンセルアウトしてくれて、非常に安定したプロっぽい映像が簡単に撮影できます。

手軽に本格的な映像が撮影できる3軸ジンバルカメラとして人気の「Osmo Pocket」 カメラ部が、手振れと逆方向に3軸にグリ...

従来、プロやセミプロが使っていた機材でしたが、Osmo Pocket以降は数万円で購入できる気軽なアイテムとして、外国人観光客が持っている姿を目にした方も多いと思います。

さて、とはいえOsmo Pocketは、↓のように3万円以上します。

created by Rinker
DJI
¥39,380 (2020/09/26 21:37:53時点 Amazon調べ-詳細)

現在、このカテゴリには次々と類似の廉価商品が登場してきており、上述のレビューで取り上げたFIMI PALMなどシャオミ系列の企業も参入しています。

パーツもどんどんと汎用化されているため、品質にそこまで大きな違いがないことも特徴です。

今回ご紹介する商品は、価格がさらに一段階安く、なんと14,574円です!

こちら、深圳などでよく目にするノンブランド商品です。

大手海外ガジェット通販サイトのTOMTOPのこちらのページで販売されており、日本へは送料無料で発送してくれます。

スペックは下記の通りです。

  • ディスプレイ:1.4インチ
  • 静止画解像度(最大):4,000 x 3,000
  • 動画解像度:4K / 30FPS、2.7k / 30FPS、1080P / 60FPS、1080P / 30FPS、720P / 30fps
  • バッテリー:3.7V、1,600mAh
  • ストレージ:microSD(最大128GB)
  • サイズ:129 x 42 x 38mm
  • 重量:134g
  • 同梱物:ミニカメラ本体、充電用USB Type-Cケーブル、ユーザーマニュアル

4k/30fps、2.7k/30fps、FullHD/60fpsが撮影できます。

ストレージは、別途microSDカードを利用します。

TOMTOPでは、サンディスクのA1 SDXCがこちらのページで2,201円なので、まとめ買いが良いかもしれません。

本体は↓のように、ヘッド部にカメラ、本体中央にディスプレイという一般的な形状です。

ヘッド部の形状は少し特徴的です。↓のように丸みを帯びた形をしています。

本体下部には三脚用ネジ穴やストラップホールもついています。三脚に固定しての撮影にも、特別なアタッチメントは必要なく便利ですね。

ノンブランド品ゆえに、スペックと比較して非常に安価です。

いずれどこかのブランド名が刻印されたものが、それなりの価格で発売されるかもしれません。

本製品は、大手海外ガジェット通販サイトのTOMTOPのこちらのページで販売されており、日本へは送料無料で発送してくれます。

格安で三軸ジンバルを試してみたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

一見怪しいですが実は心優しい、デイリーガジェット動画部のケン氏がゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!