Celeron N5100搭載で大画面な高コスパモバイルノート「ALLDOCUBE GTBook」レビュー!【4万円で普通に快適】

シェアする

今回は、AndroidタブレットでおなじみAlldocubeが放つCeleron N5100搭載モバイルノートパソコン「Alldocube GTBook」をレビューしていきます。

4万円という廉価ながら、14.1インチFullHD解像度の大きめディスプレイ、さらにベゼルが狭いため本体はコンパクト。大画面なのにモビリティに優れるという昨今のノートPCトレンドを踏まえたモデルになっています。

基礎スペックも高め。

12GB RAM、256GB SSD搭載で、ストレージのM.2 SSDは簡単に換装可能。

後ほど見ていくようにCeleron N5100は、Core m3-8100Yとほぼ同じCPUベンチマークスコアで、オフィスソフトなど一般利用でしたらサクサクです。

と、このように、本機はかなりのコスパモンスターマシンに仕上がっております。

本機は、Banggoodのこちらのページで、40,328円で販売中。

というわけでさっそく見ていきましょう!

外観とスペック

まず同梱物から。↓のように、本体のほかに充電アダプタとマニュアルがついています。マニュアルは日本語にも対応。

ただし、USB Type-Cで充電できますので、USB Type-Cのチャージャーがある方は、アダプターは必要ありません。

出力は12V/3A。汎用の32wチャージャーで充電できました。

本体は無駄がなくスッキリまとまったカッコいいデザインです。

スペックは下記の通り。

  • CPU:Intel Celeron N5100(Jasper Lake)
  • GPU:Intel UHD Graphics
  • RAM:12GB LPDDR4X 2933MHz
  • ストレージ:256GB M.2 SSD(増設可能)
  • 拡張ストレージ:microSD(最大128GB)
  • ディスプレイ:14.1インチ(1920×1080)IPS
  • OS:Windows 10
  • Wi-Fi:6
  • Bluetooth:5.1
  • バッテリー:7.6V/5,000mAh
  • マイク・スピーカー:搭載
  • カメラ:フロント1MP
  • サイズ:323 x 207 x 17mm

Celeron N5100、12GB RAM、256GB、14.1インチFullHDと、基礎体力は問題なし。

さらに後ほど見ていくように、ストレージが簡単に増設できるのも嬉しいポイントです。

左側面には、USB Type-CとDC-IN、イヤホンジャック。ただしUSB Type-Cで充電できますので、DC-INの出番は無いかもしれません。

右側面には、microSDカードスロットとUSB Type-Aです。

天板はスペースグレイ。メタル塗装のプラスチックで、落ち着いたデザイン。安っぽさは感じません。

底面には滑り止めや排気穴など。技適マークもついていますよ。

重量は実測で1.35kg。MacBook Airくらいです。モバイルノートパソコンとして最軽量クラスではありませんが、14インチと画面が大きく、持ち運びも特に苦にならないレベルです。

ストレージは簡単に換装可能

ストレージは、底面のネジを2つ外せば簡単に換装可能です。

M.2 SATA SSDが入っています。

近頃は本機のような薄型モバイルノートでも、簡単にストレージ換装ができるようになってきているのは歓迎すべき流れです。

キーボードとタッチパッドは広々

本機はベゼルが狭く、14インチの割にコンパクトです。

一方で、キーボードは左右いっぱいに配列されており、フルサイズのUS配列のほかに最右列にHomeやPgUpなどのキーもついていますよ。

キーボードバックライトもついており、明るさは3段階に調整可能。

適度にストロークがあり、固すぎず柔らかすぎず、打ちやすいキーボードです。打鍵感はMacBook Airに似ています。

タッチパッドも広く、感度が悪いということもありません。

珍しいのはカメラ。ヒンジ部中央についています。ディスプレイのベゼルが薄いので、この位置にしたのかもしれません。生体認証は非対応です。

画面の広さがイイ

本機でもっとも印象的なのはディスプレイ。

14.1インチFullHDで、左右いっぱいに広がる大画面です。

発色も良好。作業領域が広く、打ちやすいキーボードやタッチパッドと相まって、様々な作業を快適にこなすことができます。

ベンチマークはCore m3-8100Y同等レベル

気になるのはCeleron N5100のパフォーマンスだと思います。

CeleronはN4000系から、Microsoft Officeなども快適に使えるレベルになりました。(3000系はストレスたまるので避けましょう)

それよりも進化したN5100ですから、当然ブラウジングやメール、動画視聴、オフィスソフトなどの用途はサクサクです。

実際、CINEBENCH R23のスコアは、シングルが487pts、マルチが1,364ptsで、第8世代のCore m3-8100Yとほぼ同等レベル。

Celeronはかなり進化しました。

省電力性能や低価格、筐体サイズを小型化できるなどのCeleronの従来からある強みは活かしつつ、現実的なパフォーマンスを獲得しました。

Crystal Disk Markのストレージ読み書き速度は↓の通り。SATA SSDとしては一般的なスコアです。

安いのに快適なサブノートとして活躍してくれる一台

以上、Alldocube GTBookをレビューしてきました。

AlldocubeといえばAndroidタブレットが有名ですが、同社のタブレット同様に、廉価ながら快適なパフォーマンスや筐体設計を備えた、優れた一台に仕上がっていました。

12GB RAM、256GB SSD、14.1インチFullHD、Core m3-8100Yレベルのパフォーマンスを持ったCeleron N5100など。

さらにストレージ換装が簡単で、キーボードやタッチパッドの入力しやすさも。

というわけで、サブノートや、ライト用途な人ならメイン機としても十分活躍してくれる「Alldocube GTBook」のレビューでした!

本機は、Banggoodのこちらのページで、40,328円で販売中なので、気になった方は、ぜひチェックしてみてください!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!