新型10インチ廉価タブレットAlldocube iPlay 50まもなく登場

2021年前半までの格安タブレットで覇権をとったAlldocube iPlay 40。

1~2万円台で購入できる格安中華タブレットが日々登場していますが、現在の最新モデルが「Alldocube iPlay 40」と「Teclas...

ブラウジングや動画視聴はもちろんのこと、大半のゲームも普通にプレイできるUNISOC T618を搭載し、薄めベゼルで高解像度ディスプレイを搭載。外観も安っぽさがなく、セールでは2万円を切ることもある高コスパな一台でした。

さて、この後継機種であるAlldocube iPlay 50がまもなく登場します。

ただ、Androidタブレットを取り巻く環境が大きく変わった現在、前モデルに続いて魅力的なコスパになるかどうかは分かりません。

Alldocube iPlay 50は、SoCに前モデルと同じUNISOC T618を搭載。Cortex A75 x2とA55 x6のオクタコアです。GPUはMali G52 MP3。RAMは4GB/6GB LPDDR4、ストレージは64GB/128GB eMMC5.1、10.4インチ(2000×1200)IPSディスプレイ、リア8MPフロント5MPカメラ、6,000mAhバッテリーという構成。

最大2TBのmicroSDに対応し、デュアルSIMとGPSも。充電は10w。

スペックは前機種とほとんど変わりません。これで、価格は250ドル前後(約37,000円前後)と見込まれています。

現在複数出ているiPlay 40の派生ラインとほぼ変わらない内容です。

一方で現在、シャオミやOPPOなどの大手中国メーカーが、Androidタブレットに本格参入しています。

↓のXiaomi Pad 5や、

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥54,364 (2023/01/29 20:40:33時点 Amazon調べ-詳細)

↓のOPPO Pad Airなど。

Xiaomi Pad 5は値上げしてしまいましたがSnapdragon 860を搭載していますし、Snapdragon 680を搭載したOPPO Pad Airは、iPlay 50と価格帯は変わりません。

さらに間もなく発売のシャオミ「Redmi Pad」は、↓でお伝えしたように3万円ちょっとでかなりのコスパ。

下記でお伝えした、シャオミの新型廉価Androidタブレット「Redmi Pad」のグローバル版が販売開始しました。 AliE...

もう記事のセールは終了しましたが、現在でもAliExpressのこちらのページで、33,000円ほどで予約可能です。(11/7発送予定)

というわけで、シャオミの本格参入で2021年前半までとは景色が変わってしまったミッド・ローAndroidタブレットの世界。

Alldocubeがどのような方法で生き残りをはかるのか、楽しみです。

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!