ディスプレイ付ケースが面白いLG V50 ThinQ 5Gが韓国で発売開始【発売3番目の5Gスマホ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 60

下記の記事でご紹介したLGの最新フラッグシップスマホであるLG V50 ThinQ 5Gが、韓国の主要3キャリアであるKT、SKテレコム、LG Uプラスで発売になりました。

LGは、MWC2019にあわせて、フラッグシップスマートフォンのLG V50 ThinQを発表しました。 これ自体は、Snapdrag...

MWC2019で発表されたモデルです。

展示ブースでは、5G対応という点もさることながら、ディスプレイ付ケース「LG Dual Screen」を大きく打ち出していました。

Image: Pocketnow

LG V50 ThinQ 5Gは、サムスンのGalaxy S10 5G、OppoのReno 5Gに続く、3番目に発売された5G対応スマートフォンになります。

OppoのReno 5Gはスイスのみですので、主要市場の中では2番目に登場した5Gモデルということになります。

本来、4月発売の予定だったようですが、原因は不明ですが発売が遅れたようです。

現在は、上記3キャリアおよびLGのオウンドECで購入が可能で、1,119,000 ウォン(約10万5千円)となっています。

カラバリは黒のみです。

また、記事でも注目していたディスプレイ付ケース「LG Dual Screen」ですが、こちらは219,000ウォン(約2万500円)です。


Image: Pocketnow

ディスプレイ付ケースでマルチタスクが便利になったり、片側をコントローラーにしてゲームを楽しめたりしますが、合計で12万円を超えてしまいます。

Image: Pocketnow

スペックは、下記の通りです。

よくあるハイエンド機のスペックになっています。

  • ディスプレイ:6.4インチ有機EL(1440 x 3120ピクセル)アスペクト比19.5 : 9
  • OS:Android 9.0 (Pie)
  • チップセット:Snapdragon 855
  • GPU:Adreno 640
  • ストレージ:128GB
  • RAM:6GB
  • カメラ:メイン3眼(12MPx2, 16MPx1)、フロント2眼(8MP, 5MP)
  • バッテリー:4,000mAh
  • 認証:指紋(背面)
  • 拡張性:USB Type-C最大512GB microSD、3.5mmジャック
  • サイズ:159.1 x 76.1 x 8.3 mm
  • 重量:183g
  • 素材:フロント/バックにGorilla Glass 5、アルミフレーム
  • SIM:nano-SIMシングル/Nano-SIMデュアルスタンバイ
  • IP68防水、防塵
  • NFC対応
  • Qi対応

ハイエンド機に求められる要素は、一通り搭載していますね。

気になる方はチェックしてみて下さい。

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デイリーガジェットをフォローする