プログラミング可能なスマートバンドが約2,000円で登場【ワクワクするぞ!】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 216

※本製品の技適取得有無について問い合わせをいただいています。技適についてはメーカーに問い合わせていますが、現時点では取得の確証は得られていないため、確証が得られるまでは日本では電波発信をしない利用にするか、日本では本製品を利用しないかのどちらかにしましょう。

スマートウォッチには、ウォッチタイプやバンドタイプなどいくつかのパターンがありますが、今回紹介するのはバンドタイプで、見た目はオーソドックスな製品です。

その名も「LILYGO TTGO T-Wristband」で、価格はなんと18ドル(約2,000円)と格安です。

見た目は、↓のシャオミ「Xiaomi Mi Band 4」によく似ています。

価格については、Mi Band 4が3,800円前後に対して、本製品は約2,000円なので、格安です。

現在、AliExpressのこちらのページで販売されています。

公式ページはこちらになります。

本製品の特徴は価格だけではありません。

なんと、これ、自分でプログラミングして使うことが前提の製品なんです!

なんだかワクワクしてきたぞ!

まずは製品概要

スペックは下記の通りです。

  • メインチップ:ESP32-PICO-D4
  • プロセッサ:Tensilica LX6
  • IMU:9軸センサ MPU9250
  • クロックチップ:PCF8563
  • タッチボタン:TTP223
  • 充電チップ:TP4054
  • 拡張・プログラムダウンロードインターフェース:0.3ピッチ 13ピン FPCソケット
  • 本体サイズ:63mm x 53mm x 20mm
  • 重量:30g
  • アンテナ:ビルトインWiFi / Bluetoothセラミックアンテナ
  • バッテリー:80mA
  • ディスプレイ:0.96インチ IPS

Wi-FiとBluetoothに対応し、ディスプレイにタッチボタンがついています。

同梱物は下記の通りで、T-Wristband本体、シリコンストラップ、充電用USBケーブル、プログラミングやソフトウェアダウンロード用の拡張ボードです。

充電は、下記のようにリストバンドから本体を外して行うようです。

プログラミングは?

メインの集積回路がESP32なので、ESP32用の開発環境を使ってコンパイルできそうです。

ドキュメントやソース類はこちらのGitHubにまとめられていますが、見るとC++で書かれています。

下記のように、拡張ボードについたmicro USBとUSB Type-Cを経由して、T-WristbandのメインボードとPCをつなげて開発します。

T-Wristbandには9軸のモーションセンサやBluetooth、Wi-Fi、0.96インチのIPS液晶などが搭載されていますので、それを制御することで様々な機能を実装できそうですね。

自分で開発して楽しんでもいいですし、もし本製品に向けたソフトウェアがどこかに集まるようになれば、だいぶ楽しくなりそうです。

興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。

おわり

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

一見怪しいですが実は心優しい、デイリーガジェット動画部のケン氏がゆるい感じにレポートしています。

↑デイリーガジェット動画部のケン
ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル


コメント

  1. ああああ より:

    技適通ってますか?