新型のThinkPad Bluetoothキーボードが今年登場するようです!【ThinkPadトラックポイントキーボード II】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 139

ThinkPadといえば、神がかったキーボードで有名です。

絶妙なストローク、キーピッチ、クセの無い配列、ホームポジションから手を動かさずともカーソル操作ができるトラックポイント(赤)など。

特にライターや記者など、文章を生業とするユーザーに根強いファンがたくさんいます。

ThinkPadのキーボードは、ノートPCに組み込まれているだけでなく、「ThinkPad Trackpoint Keyboard」という名前で単体販売もされています。

↓のようにUSBによる有線接続タイプと、Bluetoothによる無線接続タイプが、それぞれ5,000円台、10,000円台で販売されています。

無線タイプのものはiPadにも接続でき、デイリーガジェットでも↓のようにiPad Proと接続したレビューを紹介してきました。

キーボードの打ちやすさに定評のあるThinkPad。 Lenovoからは、ThinkPadのキーボード単体も発売されています。 ...

さてこの「ThinkPadトラックポイントキーボード」ですが、今年2020年に、次世代機「ThinkPadトラックポイントキーボードⅡ」が発売されることになりました。

↓のように一見したところデザイン面での大きな変化はないように見えますが、実は細かいアップデートがいくつかあります。

正式にはWindowsとAndroidに対応し、2台までのペアリングに対応しています。

30.7 x 12.7 x 1.5cmと、サイズはコンパクト化しています。

Bluetooth 5.0か、2.4GHzのUSBドングルでペアリングします。

バッテリーはフル充電で2ヶ月、USB Type-C充電では15分で1週間持つようです。

スタンドにより傾きも変えることができるほか、レベルは分かりませんが防水対応もしているようです。

また、視覚障がいをもったユーザーなど点字入力を行うユーザー向けに、6点入力にも対応しています。

↓のように、安定の配列は変わりません。

一部の国・地域で2020年5月から100ドル(約1万800円)で販売されるようです。

日本で発売された場合、現行のワイヤレス版とほぼ同じ価格帯になりそうです。

早く日本でも日本語配列版を発売してほしいですね!

おわり

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

一見怪しいですが実は心優しい、デイリーガジェット動画部のケン氏がゆるい感じにレポートしています。


↑デイリーガジェット動画部のケン

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デイリーガジェットをフォローする