ThinkPad Bluetooth キーボードをiPad Proで使ってみた【やはりイイ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 97

キーボードの打ちやすさに定評のあるThinkPad。

Lenovoからは、ThinkPadのキーボード単体も発売されています。

それがこちら↓「thinkpad bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード」です。

本機を、iPad Proで使ってみました。

タイピングは予想通り素晴らしく使いやすいものでしたのでレビューします。

有線版と無線版がある

ThinkPadキーボードは、今回ご紹介する↓の無線版だけでなく

↓の有線接続版もあります。

これは好みだと思いますが、今回は無線版をレビューします。

外観はザ・ThinkPad

まず外観ですが、まごう事なきThinkPadです。↓

手をホームポジションから動かすこと無くカーソル操作が可能なトラックポイントや、スクロールのためのミドルボタンなど、ThinkPadおなじみの配置です。

また、無骨なデザインも健在です。

キーピッチはX/Y両軸19mmで、タッチタイピングができるのはもちろんのこと、ストロークも適切で非常に打ちやすい。

まさに「ThinkPadの打ち心地」がそのまま再現されています。

背面には、傾斜を付けるためのスタンドがあります。不要な場合は折りたためます。

スタンドを立てると、↓の傾斜がつきます。

本体は500gを切っており、意外に軽いことと、結構薄いと感じました。

据え置き利用はもちろんのこと、持ち運んでも苦にはならない絶妙なサイズ感です。

iPhoneXと大きさを比較すると、↓です。

いわゆるコンパクトサイズのキーボードになります。

iPad Proと接続

iPad Pro(11インチ)と接続して使ってみました。

Bluetooth接続は難なく完了し、いざメモで文章を打ち始めると、異次元の打ち心地にしばし感動しました。

Appleのキーボードカバーもあの薄さにしてはかなり打ちやすい部類ですが、まったく比較にならない打ちやすさです。

長文を打つには最高です。

また、上部ファンクションキーにプリントされている音量・明るさ・検索などのボタンも、iOSでも多くがそのまま動作しました。

というわけで、iPadで長文を打つ方には、かなりおすすめです。

もちろん、それ以外のデバイスでのキーボードとしても、快適です。

11,800円と決して安くはありませんが、ヘビーにタイピングする方は、検討の価値があると思いますので、ぜひチェックしてみてください。

デイリーガジェット公式YouTubeにも、アップしました。↓

やっぱり使いやすい!ThinkPad Bluetoothキーボードレビュー

おわり


デイリーガジェットYouTubeチャンネル開設!

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、取り上げた商品をレビューする動画をYouTubeに公開しています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デイリーガジェットをフォローする