Chuwiの新型超小型PC「Herobox」実機レビュー!【気軽で超コンパクトな高コスパPC】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 139

高コスパなPCを多数リリースしているChuwi社が、新型の超小型パソコンである「Herobox」を発売しました。

実売価格わずか2万5千円前後ながら、下記でレビューした前モデルの「GBox Pro」と比べて、CPUやメモリーが大きくパワーアップしています。

小型のノートパソコンをご紹介することが多いデイリーガジェットですが、今回はPC・タブレット大手のChuwi社より、ミニPCの「GBox Pr...

今回、この最新の「Herobox」をご提供いただいたので、さっそく実機レビューをお届けしたいと思います。

「Herobox」の公式サイトは、↓になります。

https://www.chuwi.com/jp/product/items/Chuwi-Herobox.html

まずは開封

開封して、同梱物など確認していきます。

外箱は↓のように、コンパクトサイズでシンプルです。

GBox Proとほぼ同じです。

↓のように、貼られてあるシールが、「Herobox Mini PC」となっています。

同梱物は下記の通りで、これも「GBox Pro」と同じです。

本体、電源アダプタ、ディスプレイ装着用アタッチメントです。

ディスプレイ装着用アタッチメントは、左下に見える部品ですが、これを使えば↓のようにディスプレイの背面に「Herobox」を装着し、あたかも一体型PCのように使うことができます。

本体は↓のように、サイバーで結構かっこいいデザインです。

10インチタブレットよりも小さいくらいの表面積で、場所を取りません。

また、デスクトップPCとは思えないほど軽量で、ファンレスのため動作音もせず、とにかくスッキリしたパソコンです。

スペックは下記の通りです。

  • CPU:Intel Celeron N4100
  • OS:Windows10 64bit
  • グラフィックス:UHDグラフィックス600
  • ストレージ:180GB SSD
  • RAM:8GB LPDDR4
  • 重量:581 g

今回、「GBox Pro」と比較して、CPUがAtomからCeleron N4100に、RAMが4GB DDR3から8GBのLPDDR4に、ストレージが64GBから180GBのSSDにパワーアップしています。

Celeron N4100は、UMPC(超小型ノートパソコン)やモバイルノートパソコンの廉価モデルに採用されることが多いCPUです。

特にCPUとRAMの進化は顕著で、後ほど見ていきますがベンチマークスコアも明らかに異なっています。

拡張性については、↓のように背面がリセットボタン、電源ポート、VGA、HDMI、有線LAN、USB 2.0 x2、3.5mmイヤホンジャックです。

また、前面には、USB Type-C、USB 3.0×2、MicroSDカードスロット、電源ボタンが並んでいます。

コンパクトサイズな本体ながら、豊富な拡張性を備えている点は、前モデルと変わらず本機の特徴の一つとなっています。

iPhoneXRと比較すると、本機の小ささが分かります。↓

前モデル「GBox Pro」との比較

さて、前モデルとの違いは、スペック以外にあるのか、見ていきたいと思います。

↓の左が前モデルの「GBox Pro」、右が「Herobox」です。

本体上部のデザインですが、前モデルは赤い切り込みに対して、「Herobox」はオレンジになっています。

これは他のパーツでも同様で、「GBox Pro」が赤、「Herobox」はオレンジというイメージカラーで統一されています。

前面にある電源ボタンも、↓のように赤とオレンジです。(上が「Herobox」)

それ以外のインターフェース類は同じですね。

背面インターフェースも同様で、↓のように全く同じです。

というわけで、同じ筐体で、スペックがパワーアップしたのが今回の「Herobox」ということになりそうです。

実際の操作は快適

さっそく起動してみます。

インターフェース類が豊富なため、↓のように好きなキーボードやディスプレイ、マウスをたくさんつなぐことができ、また軽量コンパクトな本体のためその時々で入出力インターフェースを気軽に切り替えることもできます。

↓のようにオーソドックな4Kディスプレイ、マウス、キーボードと接続しました。

さすがはCeleron N4100になっているだけあって、ブラウジングやオフィスソフトなど、ベーシックな用途であれば非常に快適です。

たとえば、WebGLを使ったブラウザベースの3Dゲームなどは、↓のように非常になめらかに動作します。

また、4K動画再生も快適です。↓はデイリーガジェットが定期的に配信している4K解像度での秋葉原動画ですが、4Kにしても引っかかりもなくスムーズに再生できました。

4K秋葉原 #4 メイド通り~ジャンク通り・昼・冬(Akihabara in 4K #4 Maid-dori to Junk-dori avenue)色んなアキバの風景を記録するシリーズ

次にベンチマークスコアを見ていきましょう。

まずCINEBENCH Release 20のCPUスコアが246です。↓

「GBox Pro」が185だったため、大きく改善しています。

100台はもっさり感が出て、300以上になると一通りの用途が快適になるイメージですので、246であればベーシック用途で快適、といったところです。

そのため、まずCPUについては、大きな進化が実感できると思います。

次にストレージですが、CrystalDiskMark 7.0.0 x64で、下記の速度でした。

「GBox Pro」が↓だったので、読み書きいずれも大きく進化しています。

まとめ:これで2万5千円は衝撃

以上、最新の超小型PC「Chuwi Herobox」をレビューしてきました。

前モデル「Chuwi GBox Pro」はCPUがAtomだったのですが、それでも意外なほど快適に動きました。

それと比較して、CPUもメモリーも倍増した本機は、動画編集やゲームなど重い作業をしなければ、大きなストレスを感じることなく快適に使うことができます。

ファンレスで500g台という、軽量で静かでコンパクトな本体は、自宅やオフィス、リビングや自室など、あらゆるシーンに自然に溶け込んでくれます。

また、コンテンツ視聴やドキュメント作成など、その時々の用途に合わせてキーボードやマウス、ディスプレイやテレビなど、入出力を自在に切り替えて使うようなこともできます。

現在、Amazonで販売されており、↓のように税込25,999円となっています。

コスパの高さがすごいですね。

気軽に使えるコンパクトなデスクトップPCが欲しい方には、かなり有力な選択肢になるのではないでしょうか。

「Herobox」の公式サイトは、↓になります。

https://www.chuwi.com/jp/product/items/Chuwi-Herobox.html

デイリーガジェット動画部でもレビューをアップしています。(チャンネル登録お願いします!)↓

格安の超小型PC「Chuwi Herobox」実機開封レビュー!

おわり

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

一見怪しいですが実は心優しい、デイリーガジェット動画部のケン氏がゆるい感じにレポートしています。


↑デイリーガジェット動画部のケン

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デイリーガジェットをフォローする