マルチプラットフォームエミュレータ「RetroPie」がラズパイ4に対応【ラズパイをMSXにしようか】

数千円で購入できるワンボードコンピュータであるラズパイことRaspberry Pieで、各種ゲーム機やレトロPCなど複数プラットフォームをエミュレートできる「RetroPie」がバージョン4.6になり、ラズパイ4に対応しました。

ダウンロードはこちらからです。

RetroPieは、Raspbian OS上でマルチプラットフォームエミュレータのRetroArchを動かし、フロントエンドにはEmulationStationを使います。

RetroArchとEmulationStationについて簡単に触れておくと、まずRetroArchは、様々なゲーム機やレトロPCのエミュレータで、画面や音声、入力を統一してくれます。

プレステのホーム画面のようです。↓

ここで、各種エミュレータのコアやキーマップをダウンロードしたり設定したりします。

これにより、OSやハードに依存しないマルチプラットフォームエミュレータとして機能します。

EmulationStationは、キーボードが無いゲーム機型の端末でも、エミュレータの起動をグラフィカルに制御してくれるフロントエンドです。コンソール機のようなUIになります↓

これらをRaspbian OS上で動かすことで、複数ゲーム機をラズパイ上でグラフィカルに楽しめるというわけですね。

今回公開になったRetroPie 4.6では、Raspberry Pi 4のサポートを追加しただけでなく、OS、エミュレータ、GUIそれぞれの更新版が含まれており、また他にも多くの改善やバグフィックスが行われています。

何よりラズパイ4から1.5GHzクアッドコアARMのCortex-A72や最大4GB RAMに対応したことで、Nintendo 64、PlayStation、Dreamcastなどの、より要求の厳しいゲーム機のエミュレーションパフォーマンスが向上しています。

対応するプラットフォームは、RetroPieのこちらのページにリストがあります。

MSXやAmiga、Apple][、Atariなど、魅力的なラインナップになっています。

ラズパイは↓のようにボード単体で買ってもいいですが、

created by Rinker
Raspberry Pi Shop by KSY
¥7,100 (2020/09/25 21:08:49時点 Amazon調べ-詳細)

↓のようなスターターキットが便利です。

というわけで、ラズパイをMSXなどのレトロPCにして遊びましょう!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

一見怪しいですが実は心優しい、デイリーガジェット動画部のケン氏がゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!