1万円切りの8インチタブレット「Vankyo MatrixPad S8」レビュー

今回は、安価なタブレットを多数リリースしているVankyoの8インチタブレット「MatrixPad S8」をレビューしていきたいと思います。

これまでは↓の10インチタブレット「Vankyo MatrixPad S10」、S20、S30をレビューしてきました。

格安タブレットを多数リリースしているVankyo社から、1万円台タブレットの新商品が登場しました。 それが、今回レビューする「Vank...

これらはiPadでいえば、Airや無印、11インチProに似たサイズ感でしたが、今回のS8は、iPad miniに近い片手サイズのコンパクトなタブレットです。

価格は相変わらず格安で、通常時でも税込11,999円。現在はさらに2,000円OFFクーポンがついて、税込9,999円と1万円を切っています。↓

では、さっそく見ていきましょう!

開封とスペック

おなじみ、Vankyoの白とオレンジを基調とした外箱に、下記が同梱されています。

タブレット本体のほか、充電用USBケーブルとアダプタ、マニュアルです。

アダプタはS10、S20、S30と共通の、コンパクトサイズです。↓

マニュアルはこちらも日本語対応しています。↓

タブレットには↓のようにシートが貼られていますよ。

スペックは下記の通りです。

  • OS:Android 9.0 Pie
  • CPU:Cortex A7
  • GPU:Mali T820
  • RAM:2GB
  • ストレージ:32GB
  • ディスプレイ:8インチ(1280×800)
  • カメラ:リア5MP/フロント2MP
  • ネットワーク:Wi-Fi 802.11 b/g/n, 2.4GHz, Bluetooth 4.2
  • バッテリー容量:4,000mAh

CPUは低消費電力で処理能力も抑えたCortex A7で、RAMもチップセットに合わせて2GBと、いずれもエントリースペックです。

バリバリに高画質でゲームをするような使い方ではなく、電子書籍や動画視聴などを想定したスペックです。

バッテリーは4,000mAhで1280×800解像度なので、バッテリーの持ちは結構良いです。

S10~S30のスペックは下記の通りとなっており、今回のS8は、S10によく似たスペックです。

S10が8インチサイズにコンパクト化したものと考えれば良いでしょう。

S10のレビューは↓にあります。

格安タブレットを多数リリースしているVankyo社から、1万円台タブレットの新商品が登場しました。 それが、今回レビューする「Vank...

背面は細かいスリット風加工のプラスチックです。S10~S30は背面が意外に高級感がありましたが、本機は、いかにもなエントリークラスタブレットの背面です。その代わり後述するように、本体は軽量です。

右側面に、電源ボタンと音量ボタンが付いています。↓

底面には、3.5mmイヤホンジャック、micro USB、キャップに覆われたmicroSDカードスロットがあります。

重量は実測で312gとなっています。iPad miniのWi-Fiモデルが約301gなので、ほぼ同じ重量です。

iPad miniとの比較

iPad miniの話が出てきたので、実際に並べて比較してみましょう。

今回比較したのは、最新のiPad mini5です。

↓のように税込50,000円ほどしますので、価格は大きく異なります。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥50,370 (2020/07/11 06:55:09時点 Amazon調べ-詳細)

まず背面ですが、縦横比16:10の本機は、iPad miniよりも本体も縦長になっています。

幅は狭く、高さは長くなっています。

厚みについては、本機の方が数mm厚いです。

ディスプレイは↓のように、結構印象が異なります。

iPad miniはより正方形に近く、本機は縦長です。ベゼルはほとんど同じ厚みですね。

好みはありますが、片手で握って使うという場合は、S8の方が持ちやすいです。

実際の使用感

さて、実際に使っていきましょう。

初期セットアップを終えると、↓の画面が出てきます。

1280×800と決して高解像度ではありませんが、ディスプレイも8インチと小型のため、ピクセルの荒さはそれほど目立ちません。

はじめから入っているアプリは、Vankyoタブレットはどれもそうですが、↓のように非常にシンプルです。(Geekbench 5は後から入れました。それ以外はプリインです)

8インチと小型で、iPad miniよりも幅がキュッと狭いということで、↓のように片手で持って使うのに最適なサイズ感になっています。

そのため、特に電子書籍に便利です。

高い解像度や処理速度を要求されませんし、解像度の荒さはむしろバッテリーの持ちを伸ばしてくれます。

YouTubeやNetflixの動画も、720pまでですが問題なく再生できます。↓

16:10と、動画で一般的な16:9に近いアスペクト比になっていることもあり、横向きにして上下の黒帯もそれほど厚くなく、画面の広い割合を動画の表示に使うことができます。

動作については、モッサリとまでは言いませんが、機敏な動きではありません。

上位チップセットを搭載したタブレットと比較すれば、若干待たされたり、反応がワンクッション遅れることがあります。

そういった点が気になる方はもう少し高いお金を払って、より高い処理速度を持ったタブレットにした方が良いでしょう。

ただ、電子書籍をメインとして、たまにウェブ閲覧や動画視聴をする程度であれば、問題ないレベルの動きはしてくれます。

ゲームについても、起動時間はかかりますが、実際に動き始めるとスムーズなタイトルが多いです。

近頃のモバイルゲームは、チップセットの処理速度に合わせて、画質や設定を落としてくれるタイトルが多いですからね。

というわけで以上、Vankyoの格安8インチタブレット「MatrixPad S8」レビューでした。

普段はスマホやPCがメインで、たまに大きめの画面で電子書籍やウェブを見たい、といったライトなニーズに対して、最廉価クラスで提供されている商品です。

価格は通常時が税込11,999円。現在はさらに2,000円OFFクーポンがついて、税込9,999円と1万円を切っています。↓

格安で片手サイズのコンパクトタブレットが欲しい方は、ぜひチェックしてみてください。

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

一見怪しいですが実は心優しい、デイリーガジェット動画部のケン氏がゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!