ノイキャン対応1万円以下イヤホン「EarFun Air Pro 2」レビュー!【気軽に使い倒すのに向いてる】

今回は、1万円以下価格帯の完全ワイヤレスイヤホン「EarFun Air Pro 2」をレビューしていきます。

↓のようなおなじみうどんタイプ。アクティブノイズキャンセリングや外音取り込み、装着自動ON/OFFに対応しています。

アマゾンの↓のページで、通常税込7,999円で販売されています。現在はクーポン適用とクーポンコード「EAP2BZ60」適用で、6,399円になります。(9/12まで)

筆者は普段、ながら聴きではアップルのAirPods Proを、高音質で楽しみたい時はソニーのWF-1000XM4を毎日10時間以上使い倒していますので、特に音質やノイキャン性能について、それらとの違いも書いておきます。(価格はまったく違いますが)

結論としては、この価格にしては優秀です。

スペック・外観

まずは同梱物から。

イヤホンと充電ケースのほか、充電用USBケーブル、交換用イヤーピース、マニュアルです。イヤーピースは、合計12個(6セット)ついています。

また、イヤホン装着部と耳に触れる部分の素材が異なるいわゆるハイブリットタイプ。装着感がアップします。

スペックは下記の通り。

  • Bluetooth:5.2
  • 通信距離:最大15m
  • バッテリー容量:45mAh(イヤホン片耳)500mAh(充電ケース)
  • 充電時間:1時間(イヤホン)、2時間(ケース込み)、3.5時間(ワイヤレス充電)
  • 連続駆動時間:5時間(ANCなし/連続再生時)、ケース併用24時間
  • 入力:DC 5V/1A
  • サイズ:65x52x31.8mm
  • 防水:IPX5

ケースはワイヤレス充電に対応しているほか、イヤホンはIPX5防水。また連続再生5時間、ケース再充電込み24時間と駆動時間も悪くありません。(ANC使用時はこれより短くなります)

マニュアルは日本語にも対応しています。

重量は、ケース込みで54g。軽いです。

イヤホンは↓のようにうどんタイプ。ANC機能用の集音マイクや、装着検知をするセンサがついています。

操作は外側上部の丸いセンサ部。再生・停止、ノイキャンON/OFF、外音取り込み、着信対応、曲戻し・曲送りなどの一般的な機能のほか、音量の上げ下げにも対応しているのは便利ポイント。

装着感は良好。カナル型ですので、耳に押し込みます。うどん型なので浅めの装着になりますが、AirPodsなどインナーイヤー型と比べるとしっかり装着できます。

神機2機種との比較

さて、音質やノイズキャンセリング性能については、ユーザー数や注目度や性能がダントツな、ソニーのWF-1000XM4とAirPods Proという誰もが認める神機2機種との比較においてご紹介。その方がイメージがわくと思いますので。

3機種並べると↓のようになります。形状が異なるので一概に比較できませんが、体積は「EarFun Air Pro 2」が若干大きいです。

まず音質から。

「EarFun Air Pro 2」の特徴ですが、低音が強めです。特にAirPods Proと比べると顕著。ですが低音クオリティは悪くありません。1000XM4と比べると劣りますが、この価格帯にしてはかなり良好。

一方の高音ですが、これは両機種に比べると、シャリシャリ感が否めません。

というわけで、ドンシャリとまでは言いませんが、低音強調・高音シャリ感アリというのがまず音質の特徴です。

ただ、これはあくまで3万円の両神機と比較した場合であって、一般的な1万円以下価格帯のイヤホンとしてはかなり良好な音であることは公平のために記しておきます。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥29,036 (2021/09/24 04:07:58時点 Amazon調べ-詳細)

続いてノイズキャンセリング性能です。

アクティブノイズキャンセリングは、ソニー系とアップル系の2系統あります。

ソニー系のノイキャンは、とにかく徹底した静寂をもたらします。静寂の中、極上サウンドを楽しもうというのがソニーです。

一方のアップルのノイキャンは、雑音レベルを下げるというコンセプト。多くの音はそのまま聞こえますが、不快でないレベルまで落としますという。その代わり、一日中つけっぱなしでも疲れません。

「EarFun Air Pro 2」はアップル系統です。すなわち多くの雑音はそのまま聞こえますが、そのレベルを落とすというもの。

ではAirPods Proレベルかといえば、AirPods Proのノイキャンのすごいところはホワイトノイズを徹底して除去している点です。その点、「EarFun Air Pro 2」は若干のホワイトノイズが聞こえます。ただ、他の廉価イヤホンよりはホワイトノイズをかなり抑えています。

ノイキャンについても音質と同じで、この価格帯のノイキャンとしては、かなり優秀だと思います。

この価格にしてはかなり優秀

以上、「EarFun Air Pro 2」のレビューでした。

総じて、音質もノイズキャンセリングも、マイク性能含めこの価格帯にしては優秀な一台でした。

防水対応なので、ランニング中にBGMを聴いたり、テレワークでのテレコンに使ったり、普段使い用として気軽に使い倒すのに向いていると思います。

というわけで、気になった方はチェックしてみてください。

本機はアマゾンの↓のページで、通常税込7,999円で販売されています。現在はクーポン適用とクーポンコード「EAP2BZ60」適用で、6,399円になります。(9/12まで)

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!