iPhone 2台分サイズのタッチ画面付きミニPC登場【GOLE1 PRO】

シェアする

Pro系iPhone 2台分くらいの小型サイズで、タッチ対応ディスプレイを搭載したミニPC「HIGOLE GOLE1 PRO」が登場しました。

現在、Indiegogoでクラウドファンディング実施中。

何に使うんだ問題はさておき、ギリギリポケットサイズのPCというのはいつの世も琴線に触れるものがあります。HigolePC社は、同コンセプトのPCを以前から販売しています。

iPhone 13 Proとのサイズ比較が↓の通り。幅や厚みはありますが、長辺はむしろコンパクトに。公称重量0.2kgということで、大きめなタフネススマホくらいのサイズ感です。

タッチ対応ディスプレイは5.5インチ。解像度は不明ですが、1280×720もあれば十分高精細でしょう。

スペックは、チップセットがCeleron N4000もしくはJ4125。8GB LPDDR4x RAMに128GB SSD。OSはWindows 11 Pro。内蔵バッテリー容量やディスプレイ解像度は不明。

ポート類は結構豊富です。

↓のように、USB Type-Cやイヤホンジャック、HDMI2.0が2つに4つのUSB-Aポート、給電を兼ねたUSB Type-Cポート、microSDカードスロット、有線LANを搭載。本体にスピーカーもついています。

↓のようにキーボードとディスプレイを接続して一般的なPC的な利用も訴求されています。が、いかんせん低スペックなので、かなり低速でしょう。また、HDMIケーブルが映っていませんので、大きなディスプレイは飾りで、このお姉さんは5.5インチ画面に何かをタイピングしているのでしょう。

価格は、Celeron N4000版が27,199円、J4125版が31,288円となっています。

Indiegogoのクラウドファンディグページはこちら

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!