Apple Watchに激似のOPPO Watch 3ほかOPPOがウェアラブル3機種発表

シェアする

OPPOは先日、3つのウェアラブルデバイスの新商品を発表しました。

かつて4~5年前、OPPO日本参入前の海外携帯ショップ店頭では、「そこまで似せなくても」と思うほどiPhoneに激似のOPPOスマホが並べられていましたが、今回登場したOPPO Watch 3シリーズは「そこまで似せなくても」と思うほどApple Watchに激似です。

OPPO Watch 3

まずはど真ん中モデルのOPPO Watch 3から。

Snapdragon W5搭載で400mAhバッテリー、最大4日駆動の有機ELディスプレイ機です。

カラバリは2色で、サイドに物理ボタンがついています。

湾曲したディスプレイは1.75インチで372×430ピクセル。5ATM防水に対応し、eSIM、NFC、心拍数センサ、血中酸素センサを搭載しています。Snapdragon W5チップ、1GB RAMと32GBストレージ。

1,600人民元(約31,000円)で販売されており、グローバル展開は不明。

OPPO Watch 3 Pro

続いては、↓のXiaomi Watch S1 Pro同様にサムスンのGalaxy Watch 5 Proを意識していると思われるOPPO Watch 3 Proです。

シャオミは、新たなスマートウォッチ「Xiaomi Watch S1 Pro」を発表しました。 グローバル展開は不明ながら、中国では1,...

こちらは1.91インチ(496×378)と少し大型の有機ELとLTPOディスプレイを搭載し、Snapdragon W5チップ、1GB RAMと32GBストレージは無印と同様。

550mAhバッテリーで最大5日駆動、NFCやeSIM、GPS、健康モニター系センサは一通り搭載です。

また、Proは↓のようにサイドにデジタルクラウンを搭載しています。

OPPO Band 2

最後はスマートバンドのOPPO Band 2です。これはApple Watchには似ていません。カラバリは2色。

ディスプレイは1.57インチ(402×256)有機ELで、200以上のウォッチフェイスや100以上のスポーツモードを搭載。NFC、5ATM防水、GPS、血中酸素センサー、心拍数センサー等を搭載。

Bluetooth Low Energy 5.0準拠のため、200mAhバッテリーで最大14日間稼働します。

229人民元(約4,500円)~と安価でコスパ高くなっています。

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!