ペンとキーボード対応のカラー電子ペーパーAndroidタブ登場!【Onyx BOOX Tab Ultra C Pro】

シェアする

多数の電子ペーパータブレットをリリースしているOnyxから、新たにペンとキーボードに対応した「Onyx BOOX Tab Ultra C Pro」が登場しました。

↓でお伝えした「Onyx BOOX Tab Ultra C」よりも、プロセッサやメモリが向上しており、Androidバージョンも新しくなり、かつトラックパッド搭載キーボードに対応しています。

多数の電子ペーパータブレットをリリースしているOnyxから、新型のカラー電子ペーパー搭載機種「Onyx BOOX Tab Ultra C」が...

まずはスペックから。

SoCは2.8GHzのオクタコア、6GB/128GBメモリ、10.3インチでグレースケール時に300ppi、カラー表示時に150ppi、OSはAndroid 12、4,600mAhバッテリーとなっています。

16MPのLEDフラッシュ付きカメラを搭載し、6.6mmと薄型で重量は450g。

「BOOX Super Refresh Technology」搭載で、一般的な電子パーパーよりもリフレッシュレートが高くなっています。

↓の「Magnetic Keyboard Cover with a Built-in Trackpad」が150ドルでオプション購入できます。

これにより、↓のようにSurfaceライクな使い方が可能となっています。

本機は、Onyx公式ストアのこちらのページで、650ドル(約97,000円)で販売中。

また、本機は日本の代理店であるSKTNETSHOPも販売しており、アマゾンの↓や楽天のこちらのページで109,800円で販売しています。

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!