初のIntel Core Ultra 7 155H搭載ミニPC登場【ACEPC WizBox AI】

シェアする

↓でお伝えしたMSI初となるポータブルゲーミングPC「MSI Claw」に搭載されるIntelのMeteor Lake世代のCPU。

昨今、大手メーカーから続々と新機種が投入されているポータブルゲーミングPC。 先日のCESでは、ついにゲーミングPC大手のMSIからも...

Clawの上位モデルに採用されているCore Ultra 7 155Hプロセッサを搭載したミニPC「ACEPC WizBox AI」が発表されました。

ASUSからも同チップを搭載したミニPC「ASUS NUC 14 Pro」シリーズが発表されているほか、MinisforumやGeekomといったミニPCメーカーからも発表されています。

「ACEPC WizBox AI」の詳細スペックと価格は2月1日に発表され、3月1日から予約受付が開始される予定です。

現在明らかになっているところは、RAMがDDR5、ストレージが最大2TBのPCIe Gen4 x4 M.2 SSDであることです。

筐体デザインとポート類も判明しており、↓にあるようにUSB Type-Cが1つ、USB3.0 Type-Aが4つ、有線LAN、HDMI2.0 x2、3.5mmイヤホンジャックを搭載しています。

同機の公式ページはこちら

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!