アキバの喫茶店シリーズ ドトールコーヒー外神田一丁目店


アキバの喫茶店シリーズとは

かつての秋葉原は、飲食店が少ない街として知られていました。

チェーン店もほとんどなく、見回すばかりパーツや家電のお店ばかりで、ここで腹を空かせようものなら一環の終わり、という空気に満ちていたのです。

しかし近年、秋葉原の街の変化とともに、チェーン・個店問わず飲食店が非常に豊富になりました。

そんな中、アキバでガジェットを買ってホクホクな状態で開封の儀を行ったりする最高な喫茶店はどこなのか? という全ガジェッターにとっての喫緊の課題に答える連載がこの「アキバの喫茶店シリーズ」です。

秋葉原にあるありとあらゆる喫茶店・カフェに実際に訪れ、そこで記事を書くことで、生きたレビューをお届けします。

[このシリーズの記事一覧へ]


今回ご紹介するのは、メイド通りの更に裏手、筆者が一番好きなお店である東映無線の向かいにあるドトール(外神田一丁目店)です。

電気街探訪の小休止では、必ず候補にあがるカフェです。

この記事を書いた端末

この記事は、アキバのドトールコーヒー外神田一丁目店で、Gemini PDAを使って書きました。

お店の概要

中央通りから一本入り、ジャンク通りの手前、メイドがいっぱい立っているうるさい通りの奥に、イオシスや東映無線、秋月通商などがある素敵な一角があります。

そのど真ん中に、このドトールはあります。

場所がいいので、電気街をうろついていたら一度は目にしたことがあると思います。

この日は年末だったため、表に福袋が並べられていました。

入り口には、年末年始の営業予定表が。

休まず営業するようです。チェーン店らしいです。

通常期の営業時間は、平日が午前7時から午後8時、土曜が午前8時から午後8時、日曜・祝日が午前8時半から午後8時までです。

チェーン店だけあって、使える電子マネーやポイントカードの種類はさすがです。

メニューは、おなじみ下記の通りドトールの定番メニューたちです。

これ以外にも、

ケーキやサンドイッチがレジ脇に並べられています。

店内の様子

店内に入ってみましょう。

入ってすぐ、コーヒー豆と福袋が並べられています。

ドトールは、実はコーヒー豆やパックのアイスティーがおいしいと、その筋の間では評価が高いんです。

店内はこんな感じ。最近模様替えしました。

さすがに広々とはいきませんが、それほど窮屈さを感じないように工夫されています。

奥の狭い部屋が、喫煙席になります。

リニューアル前はテーブル席が中心だったため、開封の儀を行うことができたのですが、現在はカウンター席のみになっていますので、難しそうです。

あくまで、電気街探訪の小休止にちょうどいい、という感じでしょう。

おわりに

このドトールの近くには、「珈琲 庵」というレジェンド級の喫茶店があります。

そちらもシリーズで紹介しますので、ぜひご覧ください。

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする