1,850円で完成度の高いミニゲームが108個入ったテーブル筐体型ゲーム機が面白い【TABLE GAME CLASSIC】【カラー液晶】【ハイクオリティサウンド】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 62

アキバ・ジャンク通りにある「あきばお~零」で、すごく面白いガジェットを入手しましたのでレビューです。

その名も「懐かしのフォルム! 108タイトル遊べるミニゲーム機 TABLE GAME CLASSIC」です!

税抜き1,850円で、路面展示されていました。↓

店頭POPによれば、

懐かしさの塊

スペー○インベ○ダーっぽい
テーブルゲームクラシック

¥1,850+税

とのこと。

パッケージを見ると、なんとカラーではありませんか!

ゲーセンっぽいジョイスティックと丸ボタンがついています。

この魅惑のフォルム……買うしかありません。

というわけでさっそく購入

しましたので、レビューします。

箱はこちら。↓

保証書も入っています。

本体フォルムだけでなく、外箱も、なんとなく懐かしいデザインですよね。

箱の裏側はこちら。↓

注意したいのは、内蔵バッテリー駆動ではなく単4乾電池3本が必要ということですね。

動作時間は約3〜4時間とのこと。

まあそんなに長時間ぶっ続けでやることもないでしょうから、eneloopなどで対応すれば問題ないと思います。

早速開封してみると、期待通りのこのフォルムです。↓

同封の説明書には、108のゲームすべてのタイトルと画面、簡単な説明が入っています。

下記でご紹介したiPhoneケースの電子ゲームは白黒でしたが、今回はカラーです。

お気に入りでちょくちょく通っている「アキバ特区」というお店がジャンク通りにあるのですが、取材で訪れた際に、変わったiPhoneケースを買いま...

しかもゲーム内容もそれぞれしっかりしていそうで期待が高まります。

早速裏面に電池を入れます。↓

裏面端にあるスライド式のON/OFFスイッチをONにすれば、このように1.8インチの小さな液晶に、カラーでゲーム選択メニューが現れます。↓

また、このときBGMが流れるのですが、これがまた結構ボリュームがあり、BGM自体も格好いいのです。

カラー液晶で「お!」となり、BGMでまた「おお!!」となりました。

ゲームは、最初が「MATCHSTICK MAN」(棒人間)、2が「PIWANG」、3が「RAPIDREACTION」、4が「RACING CAR」、5が「PARACHUTE」と、それぞれにちゃんとタイトルが付けられています。↓

ジョイスティックで一番下までスクロールしていくと、本当に108個ゲームが入っていました。↓

実際にプレイしてみた動画がこちら。↓

かなりしっかりしたゲームとBGMですよね!

これで2000円しないのです。十分楽しめる内容とボリュームですよ。

棒人間ゲームは、↓になります。

これ、ちゃんとした「格ゲー」になってます!

見たままで、某人間を操って戦います。難易度は高めです。

この手書き風のグラフィックが、いい味出してます。

↓はレースゲーム。

こちらも簡単ではなく、敵の車にぶつかるとすぐに爆発してします。

街路樹や道路の描写も、結構こだわってます。

最後は↓で、パンダを操作して障害物を越えていくマリオのようなゲームです。

パンダだからなのか、とても中国っぽい雰囲気があります。

おわりに

いかがでしたか?

以前ご紹介したiPhoneケースの電子ゲームよりも、完成度がとても高くて驚きました。

ゲーム内容、BGM、グラフィックスと、どれをとっても「きちんと作りました」という印象です。

値段も安く、インテリアにも面白いので、興味がある方はぜひあきばお〜に足を運んでみるのもいいかもしれません。

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デイリーガジェットをフォローする