HTCがブロックチェーンスマホの次世代機を今年リリース【Web3.0や仮想通貨に最適化】

HTCは2018年に、ブロックチェーンスマホのHTC Exodus 1を発売しました。

この次世代機をリリースするようなので、レポートです。

ブロックチェーンスマホ「HTC Exodus 1」とは?

HTC Exodus 1はブロックチェーンスマホを名乗っていますが、そもそもそれは何かと言えば、

  • 仮想通貨ウォレットとして使うことができる
  • 分散型のWeb3.0アプリのサポート

などの特徴を持ったスマートフォンです。


ブロックチェーンスマホ現行機のExodus1

具体的に言えば、たとえばAndroid OSから独立した、秘密鍵の保管専用のストレージ領域を持っています。

これにより、通常は「ハードウェアウォレット」といわれる専用USBメモリや、「ペーパーウォレット」として紙に書いて保管する人が多い秘密鍵を、スマホ内に置いておくことができます。

また、もし端末を紛失してしまっても、秘密鍵を回復する手段があります。

それは、数人の信頼できる知り合いを指定し、彼らに鍵の情報の一部にアクセスできる権限を与えます。

一人ずつではアクセスできませんが、全員が一緒であれば秘密鍵を回復できるというものです。

スペックは下記の通りで、ハイエンドです。

  • CPU:Snapdragon 845
  • ディスプレイ:6インチ
  • RAM:6GB
  • ストレージ:128GB
  • カメラ:背面x2、前面x2
  • バッテリー:3,500mAh

次世代機はどうなるか

そもそもこのブロックチェーンスマホ、あまり見聞きしたことのない方が多いかと思います。
ですが、次世代機が出るということは、投資家などにそれなりに売れたのかもしれません。

次世代機は、機能は大きく変わらないようです。

ローンチは2019年後半とのことで、おそらくCPUはSnapdragon 855になるでしょう。

また、現行機のExodus 1は当初は仮想通貨のビットコインもしくはイーサリアムでのみ購入でき、950ドルと同価値の価格でした。

今では、699ドルで、仮想通貨ではない旧来からの通貨でも買うことができます。

次世代機も、仮想通貨で購入が可能になるのは固いと思われます。

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする