ヨドバシAkibaにOtter Box(オッターボックス)のiPhoneケースコーナーが出現【耐衝撃ケースの有名ブランド】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 63

みなさんはOtter Box(オッターボックス)というブランドをご存じでしょうか?

ラッコのロゴとオレンジ色がトレードマークの、耐衝撃アクセサリーのブランドです。

5,000円〜6,000円台のしっかりしたiPhoneやiPadの耐衝撃ケースで、北米を中心に知名度のあるブランドです。

耐衝撃ケースは巷に溢れていますが、Otter Boxは90年代から防水ケースメーカーとしてスタートしたこの分野の老舗で、ミリタリー向け製品なども手がけています。

見た目や名前だけでなく、実際に複数の関連特許に裏打ちされた防水・防塵・耐衝撃ケースを販売しています。

このたび、ヨドバシカメラAkibaに、このOtter Boxの専用コーナーが登場しました。

OtterBox専用コーナー

それがこちらです。

2面にわたり、オレンジ色のOtterBoxのiPhoneケースがズラリと並んでおり、上部には説明動画も流されています。

「iPhone用 耐衝撃ケース」のカテゴリーです。

専門の耐衝撃試験をクリアした高品質なiPhoneカバーです。

ざっと見で60〜70個のケースが並んでおり、バックカバータイプが主流ですが、フリップのついた手帳型もあります。

対応機種は、iPhoneX/XSおよびXRのものがメインです。

価格は、5,000〜6,000円が主流で、10%のポイント還元つきです。

一般的なiPhoneケースと比較すると高めですが、そこはデザインだけではない耐衝撃の強みがあります。

たとえばDefenderシリーズのバックカバーが↓で、手にとるとガッシリとした厚みと剛性を感じます。

内側には、柔らかいポリウレタンの層が入っています。↓

その見た目や厚みのわりに、本体はとても軽量です。

↓のようなレザーのフリップタイプもあります。

カードポケットがついています。本体の「ガッシリ感」は変わらずです。↓

中には、↓のようにデザインに寄ったケースもありました。

OtterBoxは保証が充実している

OtterBoxの特徴として、各種の保証が充実していることがあります。

上記で見てきたカバーにも書いてあるとおり、画面が割れたときに修理代を保証してくれるサービスがあります。(条件はきちんと読みましょう)

また、スマホカバーにはメーカー保証がついていないことも多いですが、OtterBoxは購入から1年間の保証がつきます。

傷から本体を守るだけでなく、アウトドアなどで落下や衝撃からもきちんと守りたい方は、ぜひヨドバシAkibaのOtterBoxコーナーを見てみてはいかがでしょうか?

OtterBoxの公式サイトからも購入できますよ。

お店の情報

ヨドバシAkibaのお店情報は下記の通りです。

  • 営業時間:9:30~22:00
  • 住所:東京都千代田区神田花岡町1番地1

おわり