コスパ最強スマホHuawei Mate 20 liteとP20 liteが更に値下げ【SIMフリー/未使用品/イオシス】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 84

コスパの高さでは右に出る者がいないファーウェイのミドルレンジスマートフォンですが、SIMフリー版の未使用品が、イオシス各店でさらに値下がりしています。

モデルは、P20 liteとMate20 liteです。

まずはHuawei P20 lite

UQmobileやmineoなど、au系回線を提供しているMVNOに対応する、SIMフリー版のP20 liteが、税込17,800円です。

スペックは下記の通り。

  • 発売時期:2018年夏モデル
  • OS:Android 8.0
  • CPU:HUAWEI Kirin 659(オクタコア)
  • ストレージ:64GB
  • RAM:4GB
  • インターフェース:USB Type-C
  • 外部メモリ:microSDXCメモリーカード(最大256 GB)
  • バッテリー容量:3,000 mAh
  • 画面:5.84 インチ(2280×1080)TFT液晶
  • 背面カメラ:約1600万画素 + 約200万画素
  • 前面カメラ:約1600万画素
  • イヤホンジャック搭載、デュアルSIM、指紋認証、顔認証
  • サイズ:71.2×148.6×7.4 mm
  • 重量:145 g

これだけのスペックで、未使用品が税込17,800円という恐るべきコスパの高さです。

POPにもありますが、まさに「規格外」といえます。

もう一つのミドルレンジ「Mate20 lite」

Huaweiが持つもう一つのスマホラインであるMateの廉価シリーズlite。

こちらはさらに衝撃のプライスです。

P20 liteよりも画面が大きくなり、バッテリー容量や前面背面両方2眼カメラなど、全体的にスペックが高くなっています。

これがなんと税込23,800円です。

  • OS:Android 8.1 / EMUI 8.2
  • CPU:HUAWEI Kirin 710 オクタコアCPU (4 x 2.2 GHz A73 + 4 x 1.7 GHz A53)
  • RAM:4 GB
  • ストレージ:64 GB
  • MicroSDスロット (最大256 GB)
  • バッテリー容量:3,750 mAh
  • 拡張性:USB 2.0 Type-C、 nanoSIM x 2
  • ディスプレイ:6.3インチ FHD+ (2340 x 1080ドット) / TFT
  • アウトカメラ (ダブルレンズ) : 約2000万画素 + 約200万画素
  • インカメラ (ダブルレンズ) : 約2400万画素 + 約200万画素 / FF

こちらもSIMフリーの未使用品です。

Huawei問題が尾を引く中、不安があるのも確かです。

そういった部分を割り切れる方にとっては、イオシスでHuaweiスマホを買うというのは、もっともお得な購入方法の一つです。

※ご購入の際は、在庫と価格をご確認ください。

お店の情報

イオシスはアキバに複数店舗、また全国に店舗網があります。

イオシスアキバ路地裏店の情報は、下記の通りです。

住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田1-8-4
営業時間:平日 : 11:00~19:30 土日祝 : 11:00~20:00
定休日:年中無休 (年末年始など臨時休業あり)
お支払い方法:現金・クレジットカード・デビットカード・PayPay・Tポイント・WeChatPay(微信支付)

おわり


デイリーガジェットYouTubeチャンネル開設!

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、取り上げた商品をレビューする動画をYouTubeに公開しています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル