Huawei P20 liteが税込17,800円まで値下げ

下記の記事で、秋葉原のイオシス各店で、Huawei P20 lite未使用品が税込2万円を切ったことをお伝えしました。

目下大変なことになっているHUAWEIですが、至る所でHUAWEI製スマートフォンの価格が、販売価格、買取価格問わず暴落しています。 ...

依然としてHuawei問題がくすぶる現在、このハイスペックモデルのSIMフリーモデル未使用品がさらに値下げして、税込17,800円になりました。

前回同様au回線モデルのため、すべてのMVNO SIMで使えるわけではありませんが、mineoやUQなど、主要なMVNO大手ではカバーしているところも多いです。

※ただ、UQ版の本機は、au純正SIMでは通信不可ですのでご注意ください。

スペックは下記の通り。

  • 発売時期:2018年夏モデル
  • OS:Android 8.0
  • CPU:HUAWEI Kirin 659(オクタコア)
  • ストレージ:32GB
  • RAM:4GB
  • インターフェース:USB Type-C
  • 外部メモリ:microSDXCメモリーカード(最大256 GB)
  • バッテリー容量:3,000 mAh
  • 画面:5.84 インチ(2280×1080)TFT液晶
  • 背面カメラ:約1600万画素 + 約200万画素
  • 前面カメラ:約1600万画素
  • イヤホンジャック搭載、デュアルSIM、指紋認証、顔認証
  • サイズ:71.2×148.6×7.4 mm
  • 重量:145 g

「本当にこれで2万円を切るのか?」と驚くほどのハイスペックです。

スペックに隙がありません。

SIMフリーモデルなので、おサイフケータイや防水・防塵はないですが、カメラは2眼でRAM4GB、Android8.0、解像度2280×1080など、ハイエンド機と見まがうほどの相当なハイスペックです。

また、これだけのスペックを詰め込んでいながら、重量が145g、厚さ7.4mmというのも驚きです。

↓のようにベゼルも狭く、ノッチも目立ちません。

ディスプレイの発色も綺麗です。

背面は、中華スマホのトレンドの一つ、見る角度によってデザインが異なって見えます。↓

本体は↓のように薄いです。7.4mmなので、グリップ感も薄く感じると思います。

近年のフラッグシップモデルには搭載が減ってきた3.5mmイヤホンジャックも、↓のようにきちんと搭載されています。

今後Huawei問題がどのような進展を見せるかは分かりません。

ただ、↓でご紹介したMate20 lite同様、Huawei躍進の立役者であった格安ハイスペックスマホの象徴でもあるP20 liteの未使用品がこの価格というのは、純粋にコストパフォーマンスだけを考えると、これ以上にないレベルです。

先日下記でお伝えしたとおり、昨今のHuawei騒動の結果、Huawei P20 liteの未使用品が2万円を切りました。 これ...

気になる方は、チェックしてみてください。

※ご購入の際は、価格や在庫をご確認ください。

お店の情報

イオシス各店で販売されています。

中央通り沿いにあるイオシスアキバ中央通店の情報は下記の通り。

住所 〒101-0021 東京都千代田区外神田3-14-9
営業時間 平日 : 11:00~20:00 土日祝 : 11:00~20:00
定休日 年中無休 (年末年始など臨時休業あり)
お支払い方法 現金・クレジットカード・デビットカード・PayPay・Tポイント・WeChatPay(微信支付)

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする