ビックカメラAKIBAにできたChromebookコーナーを早速取材しました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 60

ビックカメラの主要31店舗で、Chromebookコーナーが誕生しました。

今回、デイリーガジェットで何度もご紹介しているビックカメラAKIBAのChromebookコーナーを取材し、店員さんにお話を聞いてみました。

まずはコーナー紹介

ビックカメラAKIBAの4階パソコンフロアの一角に、下記のような形で誕生しました。

↓のように、Chromebookの目立つ看板が輝いています。

フェイスに展示してあるのは、ASUSの14インチ、C434TAです↓

スペックは、Core i5-8200Y、64GB eMMC、8GB RAM、14インチFullHD、10時間駆動、1.45kgとかなりのハイスペックで税込120,780円です。

さらにポイントがつきます。

拡張性についても、USB Type-C x2、USB 3.0 Type-A x1と、もはやスペックだけではかつての「Chromebookは安くて低スペック」というイメージからはかけ離れています。

↓のように、Chromebookについての分かりやすい説明も表示されていました。

これ以外にも、通路に沿って↓のように8台のChromebookが展示されています。

また、↓の記事でもまとめた通り、現在ビックカメラではChromebookのポイント還元率が倍の20%となっています。

ビックカメラでは10月31日までの間、指定のChromebookを購入すると通常10%のポイント還元率が倍の20%になるキャンペーンを開始し...

いまChromebookを買うなら、ビックカメラはかなりお得です。

売れ筋のChromebook

これまでの売れ筋は、下記の2モデルとのこと。

まず1台目は、ASUSのChromebook C101PAです。

こちらは、10.1インチと、WindowsやMacではお目にかかれないコンパクトサイズながら、キーボードは打ちやすく、タッチパッドもこのサイズにしては広めに取られています。

また、360度回転し、タブレットタイプでも使える優れものです。

スペックは、16GB eMMC、4GB RAM、重量約900gと、まさにChromebookらしく「メインの保存はクラウドで」というコンセプトを体現しています。

文章作成やウェブ閲覧、クラウドベースの作業など、Chromebookに期待する多くの用途を、コンパクトサイズながら問題なくこなしてくれます。

そして、価格は4万円とかなり低めに抑えられており、人気なのもうなずける一台です。

USB Type-Cが2つ、USB 2.0 Type-Aが1つと、しっかり拡張ポートも搭載しているのもポイントです。

これまで2番目に売れているのが、↓のAcerの11.6インチChromebook R751Tとのこと。

こちらも、11.6インチとコンパクトサイズで、360度回転ディスプレイを搭載しています。

スペックはCeleron N3350、32GB eMMC、4GB RAM、10時間バッテリー、重量1.4kgとなっており、もちろん本機もタッチパッドに対応しています。

これで、価格は税込3万円台で、さらにポイント還元されます。

デイリーガジェットでも複数台のChromebookを運用しています。

買う前は「まあ、隙間時間にウェブ閲覧と仕事ができればいいや」くらいに、サブ機的に考えていたのですが、実際に使っていると「ほとんどこれ一台でいいかも」と思えるほど使い勝手は良いです。

起動の速さ、動作の速さ、シンプルさなど、その魅力は少なくありません。

また、Android StudioやAndroidアプリ、Linuxソフトウェア稼働など、ヘヴィーなソフトウェアの実行環境も日々充実してきています。

Chromebookの成長をバックアップするビックカメラ

もちろん現在はまだWindowsやMacの方が売れていますが、クラウドベースでの作業が、処理速度的にもネットワークインフラ的にも制約がどんどん少なくなってきている現在、Chromebookの使い勝手は今後も上がっていくと考えられます。

ビックカメラでは、今後Chromebookが伸びていくと考え、こういったコーナー展開も行っているそうです。

Chromebookと、ビックカメラの躍進に期待したいですね!

※ご購入の際は、価格や在庫をご確認下さい。

お店の情報

ビックカメラAKIBAのお店情報は下記の通りです。

  • 営業時間年中無休 10:00 a.m. – 9:00 p.m.
  • 住所〒101-0021 東京都千代田区外神田4-1-1

おわり