世界最小級10,000mAhモバイルバッテリーSMARTCOBY Proレビュー!【今なら3,380円】

高品質な通電系アクセサリを多数販売している株式会社CIOが、新たなクラウドファンディングを開始しました。

今回は10,000mAhとして世界最小級のモバイルバッテリー「SMARTCOBY PRO30W」です。

サンプル品をお借りしたのでレビューしていきます。

↓のような小ささで10,000mAhは驚きです。

「SMARTCOBY PRO30W」は、Makuakeのこちらのページでクラウドファンディング開始しました。

開始7時間で200万円を突破しており、期間は残り42日。

一般想定売価税込4,378円に対し、15%OFFとなるEarly Birdが3,380円プランとなっています。発送は2021年3月末まで。

※お借りしたのはサンプル品のため、最終品とは仕様や外観など異なる可能性があります。

外観とスペック

表面はつや消しマットで手触りよくなっています。CIOロゴがプリントされています。

スペックは下記の通り。

  • 製品名:SMARTCOBY Pro 10000-30W
  • カラー:黒
  • 容量:10,000mAh
  • 蓄電時間:約2.2時間
  • 入力
    • USB-C PD:5V/3A、9V/2.22A、12V/1.5A(最大20w)
  • 出力
    • USB-C PD:5V/3A、9V/3A、12V/2.5A(最大30w)
    • PPS QC4+:3.3-6V/3A、3.3-11V/2.7A(最大30w)
    • USB-A SCP/S-VOOC/QC:4.5-5V/5A、9V/3A、12V/2.5A(最大30w)

充電はUSB Type-CポートからのPD給電で、2.2時間でフル充電。出力はUSB Type-CもしくはType-Aからになります。

電気自動車にも使われる、エネルギー密度の高いLG化学「INR 21700」というバッテリーセルを使っているそうです。

USB PDとQC4対応。

ポートは片面にUSB Type-A↓

逆側にUSB Type-Cです。モバイルバッテリーへの給電はコチラを使います。

底面にはPSEマークほか入出力電力がプリントされています。

上部には電源ボタンと残量表示パネルがついています。1%刻みで残量を確認できますよ。

重量は実測で183gでした。10,000mAhですと200g級のものが主流なので、コンパクトなだけでなく軽くなっています。

色々便利な特徴

最大の強みは10,000mAhで軽量コンパクトである点ですが、それ以外にも便利な特徴をいくつか備えています。

一つ目はPD30w出力です。

15wや18w出力のものが多い中、30w出力に対応し、さらにUSB PD対応です。PD30Wなので、M1搭載MacBook Airも充電できます。

二つ目は、パススルー機能です。

USB Type-Cポートから本機に充電しつつ、USB Type-Aポート経由で他の機器を充電できます。

大きなネガティブポイントは見当たりませんが、強いて言えば厚みです。

これは好みの問題ですが、「コンパクト」と言った場合に、「軽さ重視」派と「体積重視」派と「薄さ重視」派がいると思います。

このうち、「軽さ重視」派と「体積重視」派にははまりますが、薄さを重視するタイプの方には合いません。

とはいえ、そういうタイプの方にとっても、10,000mAhでこのサイズ感というのは結構驚きだと思います。

出力の高さ、容量の大きさ、本体のコンパクトさというトレードオフにある3つを高いレベルでバランスさせた商品です。

というわけで、気になった方はぜひチェックしてみてください。

「SMARTCOBY PRO30W」は、Makuakeのこちらのページでクラウドファンディング開始しており、今なら15%OFFとなる3,380円で購入できます。発送は2021年3月末まで。

なお、株式会社CIOはLINE@の友達を募集中とのことです。早期割引情報や新規プロジェクト情報をいち早くゲットしたい方は登録してみては。

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!