AlldocubeからデュアルSIM対応の新型1万円タブiPlay 50S登場

多数の廉価AndroidタブレットやノートパソコンをリリースしているAlldocubeから、新型の廉価Androidタブレット「Alldocube iPlay 50S」が登場しました。

本日、AliExpressのこちらのページで、11,840円で発売セール中です。

↓でレビューしたiPlay 50の廉価ラインの位置づけ。iPlay 50はUNISOC T618搭載で価格の割に動きはかなり快適でしたが、今回登場した50Sは典型的なローエンドタブレットの構成となっています。

今回は、多数の格安タブレットをリリースしているAlldocubeの新機種「Alldocube iPlay 50」を購入したのでレビューしたい...

iPlay 50Sのスペックですが、SoCはCortex-A75 x2とA55 x6のオクタコアであるUNISOC T606、ARM Mali-G57 GPU、4GB RAM、64GB eMMC、10.1インチ(1280×800)IPSディスプレイ、リア5MPフロント2MPカメラ、6,000mAhバッテリーとなっています。

通信はWi-Fi5とBluetooth 5.0。GPSとデュアルnano SIM対応で、対応バンド帯はGSM:B2/3/5/8 、WCDMA:B1/2/4/5/8、TDS: B34/39、FDD:B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/20/26/28A/B66、TDD: B38/39/40/41となっています。

最大512GBのmicroSDカードスロットを搭載。

解像度はFullHDに満たず、処理性能も高くないため、とにかく価格重視という方のための機種。+5,000円でiPlay 50を購入する方が、大半の方には良いでしょう。

筐体デザインもエッジの尖ったiPlay 50と異なり、本機はラウンド形状で厚めとなっています。

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!