T40 ProにつづきTeclast M40 Proも2023年版が登場【同じくチップがダウングレード】

シェアする

廉価タブレットやモバイルノートPCのTeclastは、同社Androidタブレットシリーズの2023年マイナーチェンジ版をリリースしています。

↓でお伝えしたTeclast T40 Proに続き、Teclast M40 Proも2023年版が登場しました。

↓でレビューしたTeclastのAndroidタブレット「Teclast T40 Pro」に2023年版が登場しました。 外装...

T40 ProはSoCがUNISOC T618からT616にダウングレードし、ストレージがeMMCからUFSにアップグレードしていましたが、M40 Proも同じ変化をしています。

そして、両者スペックはほぼ同じというレベルで似通っています。

M40 Proのスペックは、UNISOC T616、8GB LPDDR4 RAM、128GB UFS2.1ストレージ、最大1TB microSDカードスロット、10.1インチ(1920×1200)ディスプレイ、リア8MPフロント5MPカメラ、Android 12、デュアルnano SIM、7,000mAhバッテリーとなっています。

T40 Proと同じスペックじゃないか!と思われるかもしれませんが、M40 Proの方が数千円安くなっています。

違いをよく見てみると、まず大きなところではディスプレイ。T40 Proは10.4インチ(2000×1200)でしたが、今回のM40 Proは10.1インチ(1920×1200)となっています。

また、カメラもT40 Proが背面13MP/フロント8MPだったのに対して、T40 Proは8MP/5MPとなっています。

また、T40 Proは3.5mmイヤホンジャックを搭載しています。

M40 Proは、AliExpressのこちらのページで21,535円で販売されています。

ただし、T40 Proの記事でも触れましたが、本機はコンテンツセキュリティレベルであるwidevineがL3となっています。そのため、NetflixやアマゾンPrimeビデオなどのサブスク動画サービスの高画質再生ができません。

昨日レビューを配信した↓のChuwi HiPad XProなど、同じ2万円クラスでwidevine L1を搭載した高品質な機種が出てきています。ので、今買うなら↓の方が幸せになれるでしょう。

今回は、Chuwiから新発売になったAndroidタブレット「Chuwi HiPad XPro」をレビューします。 特徴はベゼル薄めの...

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!