ついに出た!株式会社CIOからコンパクトな電源タップがクラファン開始【Polaris CUBE BUILT IN CABLE】

シェアする

多数の通電系周辺機器をリリースしている株式会社CIOから、充電器内蔵のポータブル電源タップ「Polaris CUBE BUILT IN CABLE」がクラウドファンディグ開始しました。

Makuakeのこちらのページで、開始初日ですでに1,500名以上が出資する人気プロジェクトになっています。

出張や外出が多い方の中には、CIOからコンパクトでケーブル引き出し型の電源タップが出てほしい!と思っていた方は少なくないのでは。私もその一人でしたので、まさに待ち望んだ商品。

想定小売価格の26%OFFとなる税込4,380円で、カラーはブラックとホワイト。2024年4月末までのお届けとなっています。

↓のようにケーブル巻き付け型のUSB/AC電源タップです。

55cmの電源ケーブル引き出し型なので、↓のように外出先でコンセント周りが窮屈な時にも使えます。USBチャージャーはコンパクトなものも増えましたが、チャージャー自体が大きく外出先でコンセントにささらないということはよくありますからね。

本体には最大67w出力でUSB Type-C x2とUSB Type-Aポートがついていますので、↓のようにUSBチャージャーとして利用できるほか、

最大1,250wの2口電源タップがついていますので、専用充電器や他のACアダプタも利用可能。

スペックは下記の通りで、重量委は220gと軽量で、各種急速充電や熱コントロールのNova Safety、自動電力振り分け機能であるNova Intelligenceにも対応しています。

多ポートチャージャーでは、ポートにより出力が固定だったりすることも少なくないですが、本機は接続する機器に応じて65w内で自動で最適な電力に振り分けてくれます。

持ち運び用の電源タップとして、可搬性と出力、ポート数などがバランス良く融合した「Polaris CUBE BUILT IN CABLE」、ぜひチェックしてみてください!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!