【100均ガジェットレビュー】100均のスマホケースってどうなの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 88

さて、前回のゲームスタンドに続き、今回も100均ガジェットのご紹介です。

今回は、iPhone向けのスマホケース(カバー)です!

どうして100円で作れるのかしら?

スマホケースですが、そもそも100円で作って儲けを出すには、一つの金型で大量に売りさばく必要があります。

ただ、スマホは半年に一回、各社から新しい商品が出るという足の短い商品。

そんなスマホにつけるカバーを100円で作るために、100均がどうやってるかといえば、

  • iPhone向けに絞る
  • 2ラインに絞る
    • for iPhone 8/7/6s/6
    • for iPhone X/Xs

という2つの方策を取っているようです。

これらにより、実質2種類のカタチの電話に対して、しかも大きなシェアを持った電話に絞って出すことで、100円でまわるようにしているようです。

お見事!

まずはApple純正カバーがすごいって話

レビューの前に、筆者が使っているカバーをご紹介しときます。

複数台スマホを持ち歩いているのですが、100均にカバーがあるiPhoneに関しては、iPhoneXを使っています。

カバーは、Appleの純正本革バックカバーです。
美しい!

うん。さすが純正カバー。すさまじいまでのフィット感です。

カタチ、デザイン、素材、いずれを見ても、iPhone本体とのフィット感はさすがの一言。

そして、今回、このレビュー記事を書くために、久々に純正カバーを外しました。

おお、なんか新鮮だな、裸のiPhoneXちゃん。

それではいよいよ100均iPhoneカバー

キャンドゥで買ったのですが、iPhoneXに合うものは、下記2種類ありました!

いずれも透明バックカバーです。

一つが「グラデーションケース」という、青いグラデーションがついたソフトタイプ。

もう一つが、「ハードプレミアムケース」という、完全透明の硬いタイプです。

パッケージ裏はこんな感じです。

ハードケースの方は、グレア現象(光の加減で見える変な模様)防止加工の説明書きがあります。

開封して並べたのがこちら!

うん、透明で綺麗です。

左の「グラデーションケース」は、TPU(熱可塑性ポリウレタン)という、グニャグニャ曲がる素材です。シリコンよりは弾性があります。

右の「ハードプレミアムケース」は、ポリカーボネイト製で、いわゆる硬いプラスチックです。

まずは「グラデーションケース」から

ぐにゃりと曲がる「グラデーションケース」から装着してみましょう!

こんな感じ。

うん、なかなか。

フィット感は悪くありません!

しっかり守っていますし、「これで100円!?」という驚きがあります。

デザインは好みですが、背面グレーのiPhoneXには、そんなに違和感ありません。白の方がより綺麗だったかもしれませんが。

側面の、ボタンの切り抜きなどを見ていきましょう。

まずは、音量ボタンとマナーモードスイッチがある方です。

うん、さすがにピッタリとまではいきませんが、場所は合っていて、許容範囲内です。

逆の側面はどうでしょうか?

電源ボタンのある方も同様です。普通に使えますよ。

最後、底面の、Lightningとスピーカーがある方です。

うむ、こちらは、少し背面側に開きすぎている嫌いがありますね。

ぐにゃぐにゃ曲がっており、そんなにいい見た目ではありません。

ただ、本体を守るという意味では、十分な厚みがあります。

つづいて「ハードプレミアムケース」

硬い素材の「ハードプレミアムケース」。

装着すると、こんな感じです。

お? おお!?

悪くないぞ!!

うん!

こちらは、素材が硬いということもあり、よりフィット感があります。

しかも素材の透明度も高く、iPhoneX本来のデザインを楽しむことができますね。

では「グラデーションケース」ではいまいちだった、側面と底面はどうでしょう?

まず側面です。

なるほど!

穴を開けていた「グラデーションケース」と異なり、こちらは切れ込みが入っています。

穴が開いているよりも、「フィットしていない残念な感じ」が少なく、むしろかっこいいです!

Apple純正ケースも、このタイプですよ。

底面も同様、スピーカーとLightningジャックがしっかり出ていて、「グラデーションケース」にあった「ぐにゃり」とした感じがありません!

強いて言えば、守られる面積が少ない分、プロテクト力に不安を感じないこともないですが、そもそもこのくらいのカバー範囲のスマホケースはいくらでもあり、十分許容範囲内です。

むしろ、100円でこのデザイン・フィット感のカバーは、少々驚きです。

不安はないか? ほとんどありません。むしろ完全透明で、iPhoneX本体デザインを楽しみたいなら、このカバーがピッタリですよ。

比較のために…

念のため、Apple純正ケースでは、同じ面を見るとどんな感じか、ご紹介しておきます。

まずは背面。

はい、カメラリングにピッタリです。このあたりは、さすがに純正カバーには勝てませんよ。

側面も同様です。

まったくもって、隙間がほとんどないレベルで、ボタンのギリギリの位置までカバーで守られています。

底面は、「ハードプレミアムケース」と同様、大きく切れ込みが入っていますね。

うん、さすが純正ケースですが、そもそも50倍の価格がしますので、当然といえば当然です…。

おわりに

というわけで、いかがでしたでしょうか?

100均のiPhoneカバー、とくに「ハードプレミアムケース」の方は、十分実用レベル、どころかむしろ積極的に使いたくなる完成度でした!

筆者はガジェット好きということもあり、スマホケースやタブレットケースは、色々な種類を買ってしまい、定期的に飽きては取り替えて少し新鮮な気持ちを楽しむということをやっているのですが、「ハードプレミアムケース」はそのラインナップに入れたいと思います。

これからも、100均ガジェットは、楽しみにウォッチ&レビューしていきたいと思います!

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デイリーガジェットをフォローする