2020年に登場するiPhoneは、Galaxy S10にそっくりなスペック?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 84

今後、2020年までに登場するiPhoneは、どのようなものになるのでしょうか。

MacRumorsが、著名なアナリストやAppleのサプライチェーンからの情報を総合すると、2019年〜2020年に登場するiPhoneは、どうやら下記のようなものになるようです。

  • iPhone Xs/Xs Max/XRの後継は、リアカメラが3眼になる
  • 上記以外の設計変更は少ない
  • 3D Touchは2019年のiPhoneすべてで非搭載になる
  • 次世代iPhone XRのRAMは4GBに増える
  • 2020年のiPhoneには、5Gサポート、3眼カメラを活かした3Dセンシング、フルスクリーンのタッチIDを実現する音響指紋技術などが搭載される
  • 2020年初頭に、iPhone 8と同じ内部構造を持つiPhone SEの後継が登場する可能性がある
  • 2020年には、iPhoneは全ラインが有機ELになる


Image: MacRumors

以上の情報を総合すると、iPhone SEの後継以外は、2020年のiPhoneは下記のような特徴を持ったものになりそうです。

  • 3眼カメラ
  • 5G対応
  • OLED(有機EL)ディスプレイ
  • フルスクリーンの指紋認証(Touch ID)

どこかで見たことあるスペック……これは、まさに2019年夏モデルのGalaxy S10/S10+ではありませんか!

というわけで、2020年もSamsungによるAppleに対する「あなたいつも後追いだよね」的ディスりは続きそうです笑

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デイリーガジェットをフォローする