GoogleはChrome OSとAndroidの連携を推進していく

複数の海外サイトが報じたところによると、Googleのソースコードの中に、Chrome OSとAndroid OSの連携を強化していっている痕跡が見えるとのことです。

それによると今後、下記のような機能が搭載されていくと考えられています。

  • Chrome OS(Chromebook)上で電話番号をクリックすると、Androidから発信する
  • ChromebookとAndroidで保存したWi-Fiパスワードを共有する
  • ユニバーサルクリップボード機能(Chromebook上でコピーした内容をAndroid上でペーストできる、もしくはその逆)

現在、モバイルOSとPC向けOSの連携がもっとも進んでいるのは、Appleのエコシステムです。

↓に書いたように、MacとiPhone/iPadでシームレスに体験が継続するよう、様々な連携機能が搭載されています。

MacとiPhoneを両方使っている人は多いと思います。 iCloudの機能、たとえばメモや写真、iCloud Driveなど...

クラウドベースのものもあれば、同じLAN環境下で動くものもあります。

そしてこういう機能が充実することは、Google、Microsoft、Appleなどのようなプラットフォームを持つ企業からすれば、流出を防ぐことにもつながります。

GoogleとMicrosoftにはよく似た共通点があります。

それは、GoogleはPC向けOSが弱く、Microsoftはモバイル向けOSが弱いという点です。

それら2社が、AppleのようなモバイルOS/PC OS間連携を急いで進めているというのは興味深いですね。

おわり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする