Ryzen5搭載でわずか1.1kgの数量限定14インチノートPC「m-Book X400B」最低構成87,780円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 139

マウスコンピューターが数量限定で展開するハイスペックモバイルノートパソコンである「m-Book X400」シリーズ。

これまで、第8世代Core i5、Core i7モデルが台数限定で販売され、いずれも売り切れています。

そしてついに、コスパ観点では最強となるRyzen5搭載モデルが登場しました。

↓のように非常にベゼルが狭く、14インチながら本体はコンパクトで、かつ重量わずか1.1kgという軽量さです。

後述するようにハイスペックながら本体は軽量、それでいてお値段は税別78,000円(税込87,780円)からと非常にリーズナブルです。

まずはスペックを見ていきましょう。

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
    • Proに変更可能
  • CPU:AMD Ryzen 5 3500U
  • グラフィックス:Radeon™ Vega 8 グラフィックス
  • メモリ:8GB PC4-19200
    • 16GBに変更可能(+7,800円)
  • M.2 SSD:256GB
    • 最大1TBまで増設可能(1TBで+13,800円、512GBなら+5,800円)
  • ディスプレイ:14型 フルHDノングレア (1,920×1,080/ LEDバックライト)
  • 無線:インテル® Wireless-AC 9260 (最大1.73Gbps/ 802.11ac/a/b/g/n) +
  • Bluetooth 5
  • 重量:約 1.13kg
  • 動作時間:約 9.4時間

ハイスペックであるだけでなく、さすがマウスコンピューターでRAMやストレージを増設しても非常にリーズナブルです。

たとえばRAMは16GBに倍増しても+7,800円、ストレージは1TBにしても+13,800円と自作レベルです。(MacBookならそれぞれ5倍のお値段します……)

おすすめの構成は16GB RAM/1TB SSDで、これでも送料・手数料込みで税込114,840円です。

オプションでMicrosoft Officeもバンドル可能です。

天板は、非常に印象的なレッドで、ネズミがかじったチーズをあしらったロゴがかわいいです。↓

拡張性についても申し分ありません。

↓のように、有線LANポート、USB 2.0、USB 3.0、3.5mmイヤホンジャックが左側面に並んでおり、右側面にはUSB 3.0 Type-C、USB 3.0、HDMI、電源ポートと豊富です。

これだけではありません。

本体前面には、↓のようにmicroSDカードスロットもちゃんと搭載されています。

入力インターフェースについても、キーボード、タッチパッドともに↓のように癖がなく広々ととられていて打ちやすそうです。

特にキーボードについては、↓のようにキーピッチ約18mm、キーストローク約1.4mmと、ゆとりをもったタッチタイピングが可能になっています。

これは、かなり本命度の高いモデルになっています。

販売台数は、限定2,500台となっており、これまでのCore i5/i7モデルのように売り切れることが予想されます。

販売サイトはこちらになっていますので、ほしい方はぜひチェックしてみてください。

おわり

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

一見怪しいですが実は心優しい、デイリーガジェット動画部のケン氏がゆるい感じにレポートしています。


↑デイリーガジェット動画部のケン

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル