マイク・スピーカー内蔵の高品質webカメラ「eMeet C980 Pro」レビュー!【USBに挿すだけ簡単接続】

今回は、遠隔会議やテレワーク用のアイテムを多数販売しているeMeetの高性能webカメラ「eMeet C980 Pro」をレビューしていきます。

以前、↓でスピーカーフォンの「eMeet Luna」をレビューしました。

昨今、コロナウイルスの影響で、遠隔のコミュニケーションがますます盛んになってきています。 テレワークはもちろんのこと、出張禁止を受けて...

今回ご紹介する「eMeet C980 Pro」は、4つのマイクとスピーカーを搭載しており、FullHD解像度で動画撮影が可能なwebカメラになります。

使ってみて、品質が良かったですのでぜひご覧下さい。

アマゾンで↓で税込9,699円で販売されていますが、デイリーガジェット限定のクーポンコード「GWNMJSIF」を入力すれば20%OFFになります。(8/16まで)

それでは、さっそく見ていきましょう!

外観・スペック

同梱物は、本体と収納ポーチ、マニュアル類です。

マニュアルは日本語に対応しています。

スペックは下記の通り。

  • 製品名:HD Webcam eMeet C980 Pro
  • カメラセンサ:1920x1080p CMOS
  • レンズ:4層
  • ビデオ解像度・フレームレート:1920×1080・30fps
  • フォーカス範囲:5cm~5m
  • 給電:USB

FullHDで30fps、マイク、スピーカー搭載というのが特徴になります。

↓のように、中央部にカメラセンサー、左右にスピーカー、上部の4つの穴がマイクになります。

マイクは「AIマイク」とされており、集音は実際にクリアでした。

離れた場所のノイズや話し声はあまり拾わず、使っている人の声をきちんと拾ってくれます。

カメラレンズには↓のように蓋がついていますよ。

接続はUSB Type-Aです。↓のように背面から伸びたコードでPCと接続するだけの簡単設定です。

脚部は前後に開閉します。

まず最大限後ろに倒した状態が↓です。

一番前かがみが↓です。三脚用ネジ穴を基点にすると、前後に180度になります。

実際の性能や使い勝手

まず使い勝手ですが、USBポートに挿すだけで、WindowsのUSBデバイスとしてセットアップされます。

特にドライバや専用ソフトなどを導入する必要はありません。

自動で↓が出てきて、使えるようになります。

TeamsやZoom、Skypeなどのソフトウェア上で、「HD Webcam eMeet C980 Pro」をカメラとして選べば使えます。

ノートパソコンや外付けモニタの上部に、↓のように装着して使うこともできますよ。

前面がフックのようになっていますので、↓のようにディスプレイ上部を挟み込むようにして設置します。

また、底面には三脚用ネジ穴もついていますので、↓のように三脚に固定して、広い会議室を斜め上方から撮ったり、動画撮影のためのデジタルビデオカメラとしても使えます。

さすが1万円近くするだけあり、映像も音声もクリアです。

特に集音性能は他のwebカメラと差別化しているポイントで、eMeet Lunaもそうですが、スピーカーフォンを多数リリースしている同社ならではの特徴になっています。

性能や品質を考えるとコスパ高

商品の外観も高級感があり、チープでプラスチッキーなwebカメラとは一線を画しています。

遠隔会議やテレワーク用のwebカメラとして、簡単な動画撮影用として、1台あると便利なアイテムになっています。

性能を考えると、1万円というのは十分コスパに見合う品質になっています。

「eMeet C980 Pro」はアマゾンで↓で税込9,699円で販売されていますが、デイリーガジェット限定のクーポンコード「GWNMJSIF」を入力すれば20%OFFになります。(8/16まで)

気になった方は、ぜひチェックしてみてください!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

一見怪しいですが実は心優しい、デイリーガジェット動画部のケン氏がゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!