スナドラ870搭載!レノボの高コスパ至高タブ「XiaoXin Pad Pro 2021」5万円台で爆誕

シェアする

レノボの至高のタブレット「XiaoXin Pad Pro」に、2021年の新モデルが登場しました。

今度はSnapdragon 870搭載のハイエンド機となっています。

XiaoXin Pad Pro 2021」と名付けられた本機は、11.5インチ有機ELに90Hzのリフレッシュレート、JBL製のスピーカー4基にDolby Atmos対応と、まさにハイエンドタブレットの名にふさわしい一台。

それでいて、価格はBanggoodのこちらのページで56,093円とかなりリーズナブル。日本へは送料無料で、6/18までの出荷となっています。

スペックは下記の通りです。

  • CPU:Snapdragon 870
  • OS:Android 11
  • RAM:6GB
  • ストレージ:128GB
  • ディスプレイ:11.5インチ(2560×1600)有機EL
  • バッテリー容量:8,600mAh
  • 通信:802.11 a/b/g/n/ac
  • Bluetooth:5.1
  • サウンド:JBLスピーカー x4基、Dolby Atmos対応
  • サイズ:264.28 x 171.4 x 5.8 mm
  • 重量:485g

XiaoXin Padシリーズは、日本を含むグローバルではLenovo Tab P11シリーズとして展開しているモデルの中国版。

名前は違いますがスペックや外観は同じで、価格は2~3万円ほど安く購入できます。もちろん日本語で利用可能。

ファーウェイが実質選択肢から外れたことで、ハイエンド機の少ないAndroidタブレット市場にあって、数少ない選択肢です。

サムスンのように高くなく、それでいて高品質なのでグローバルで人気を博しているモデル。

一世代前となる現行機の「XiaoXin Pad Pro」はSnapdragon 730Gを搭載し、洗練されたデザインと高い処理速度をもち、非常に完成度高いタブレットになっていました。

デイリーガジェットでも↓のように何度かレビューを公開しています。

今回は、レノボの11.5インチタブレット「XiaoXin Pad Pro」をレビューしていきます。 Xiaomi Mi Note 10...
下記でレビューした、レノボのスペック高めAndroidタブレット「XiaoXin Pad Pro」 日本を含めたグローバルでは...
下記でレビューしたレノボの11.5インチタブレット「XiaoXin Pad Pro」は、Snapdragon 730Gと美しい有機ELディス...

Banggoodのこちらのページで47,118円とこちらも高コスパ。

また、Snapdragon 662を搭載した、Proの付かない廉価モデルの「XiaoXin Pad」も展開しています。

今回は、Snapdragon 662を搭載したレノボの新型11インチタブレット「XiaoXin Pad」をレビューしていきます。かなり優秀な...

2021の方も、↓のようにベゼル狭めの大画面です。

フラットな背面デザイン、メタルのLenovoプレート、Dolbyロゴなどは、現行機のXiaoXin Pad Proを踏襲しています。8mm台とかなり薄いので、持った印象はiPad Airによく似ています。

結構売り切れたりもしますので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!