AndroidとLinuxのデュアルブート対応ゲームボーイ風携帯ゲーム機登場!【Anbernic RG353V】

シェアする

多数の携帯型ゲーム機をリリースしているAnbernicから、AndroidとLinuxのデュアルブートに対応したゲームボーイ風の外観を持った新型携帯型ゲーム機「Anbernic RG353V」が登場しました。

現在、同社公式サイトのこちらのページで、1,150円OFFの16,149円で発売セール中。

同ページで廉価のRG353VSも同額セールで12,849円で発売セール中ですが、こちらは1GB RAMでAndroid非搭載なので、4,000円多く出してRG353Vにした方がが良いでしょう。

↓のように外観はゲームボーイに非常によく似ています。

チップセットはRockchip RK3566で、これはCortex A55のクアッドコア。ほかMali G52 2EE GPU、2GB LPDDR4 RAM、32GB eMMCストレージ、3.5インチ(640×480)ディスプレイ。

↓のように懐かしのゲームボーイポケットのような透明カラバリもあります。

背面にはL1/L2/R1/R2トリガーボタンもついており、振動モーターも搭載。

ほか、microSDカードスロットは2つついており、エミュレータのほかAndroidゲーム、またストリーミングゲームのプレイなどが想定されています。

本機は現在、Anbernic公式サイトのこちらのページで、1,150円OFFの16,149円で発売セール中です。

Anbernicといえば、Windowsを搭載した「Anbernic Win600」も先日登場し、↓でレビュー配信しています。

今回は、昨今新機種が続々登場しているWindows搭載ゲーム機「Anbernic WIN600」をレビューしていきます。 Anbern...

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!