Ryzen 7 6800U搭載で13万円台!高性能で高コスパな携帯ゲーミング機「AOKZOE A1」レビュー

シェアする

今回は、ポータブルゲーミングPC(あるいはゲーミングUMPC)の「AOKZOE A1」をお借りしたのでレビューします。

Ryzen 7 6800U搭載機なので、ポータブルゲーミングPCの中では最新チップセットを搭載していてハイパフォーマンス。

それでいて、価格は13万円台となっていて、GPDやOne-Netbook、AYANEOなどの競合機よりも安くなっています。

16GB/512GBで12,600mAhバッテリーのLite版が、正規代理店ハイビームのこちらのページで税込136,800円、16GB/32GB RAMと512GB/1TB/2TBストレージ、17,100mAhバッテリーの通常版が、139,800円~となっています。クォンタムブルーがこちら、ルナホワイトがこちらです。

アマゾンの↓でも販売中。

それでは、見ていきましょう。

スペックと外観

まず筐体から。

前面にはおなじみ、Xbox式のゲームパッドが本体と一体化しています。

上部にはUSB3.0 Type-A、USB4.0 Type-C、3.5mmイヤホンジャック。電源・音量ボタンやL1/L2/R1/R2ボタンももちろんついています。

底面には、もう一つのUSB4.0 Type-CとmicroSDカードスロットです。

背面には収納式のスタンドがついていますので、本機を立てかけてBTゲームコントローラーでプレイしたり、外部ディスプレイ出力でプレイするのにも便利。

重量は実測で736gでした。8インチクラスでは標準的な重さでしょう。サイドはLED発光するようになっています。

スペックは、CPUにZen3+アーキテクチャで6nmのRyzen 7 6800U、Radeon 680M GPU、LPDDR5x 6400MHz RAM、PCIe3.0 NVMe M.2 2280 SSD、8インチ(1920×1200)IPSディスプレイ(350ニト)、12,600mAh(Lite版)または17,100mAh(通常版)バッテリーとなっています。100wのPD充電対応。

右下の「TURBO」ボタンで、TDPを15w/28wで調整可能です。パフォーマンスが要求される場合は28wにしましょう。TDPやファンなど、本機は専用ソフトが組み込まれていて簡単に切り替えが可能です。

3軸ジャイロや振動モーターを搭載しています。

ベンチマークスコア

続いてベンチマークをみていきます。以下、すべて15wのスタンダードモードのものです。

まずCINEBENCH R23はシングルコアが1,461pts、マルチコアが8,023ptsです。

ランキングはシングルが↓

マルチが↓です。

FF15ベンチでは、軽量品質・1920×1080・フルスクリーンで「普通」の3724でした。

CrystalDiskMarkでは、シーケンシャル読み書きで2,500~3,500MB/s。

以上、Ryzen 7 6800U機として標準的なパフォーマンス。

実際の使用感

↓はモンハンライズですが、コントローラー操作をあわせて動きはとてもスムーズです。発色も鮮やかで画面が高精細で見やすく、PCゲームプレイ用にはもちろん快適。

ジョイスティックや十字キーなどのコントローラーは、One-NetbookやGPDのものの方が若干上質?な印象を受けますが、それでも特に使いにくいとかチープだということはありません。

ゲームプレイだけでなく、↓のとおりブラウジングも結構見やすく、スクロール操作含めて意外なほど快適です。

↓はYouTubeを視聴しているところ。16:9は上下で黒帯が出ますが、ディスプレイが綺麗なので視聴体験は良好。音質も良く、動画視聴には向いています。

8インチ画面は細かいWindowsの操作では少しストレスを感じることもありますが、ゲームや動画、ウェブサイトなどのコンテンツ視聴では問題ありません。

コスパ高なハイパフォーマンス機

以上、AOKZOE A1を見てきました。ハードの製造をOne-Netbookが担っていることもあるためか目立った欠点は見当たらず、よくできた8インチポータブルゲーミング機という印象です。

ディスプレイの鮮やかさは印象的ですし、サウンドクオリティも高く、もちろんRyzen 7 6800Uのパフォーマンスは高いです。TDPやファンなどの設定を簡単に切り替えられるのも便利。

何か他社機には無い、際だった特徴があるというわけではありませんが、全体的によくできており、それでいて他社機よりも安めになっています。

コスパは高めで満足度も高めと思いますので、気になった方は、ぜひチェックしてみてください!

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!