Ryzen 7 6800U搭載の高コスパ携帯ゲーミングPC発売!【AOKZOE A1】

シェアする

8コア16スレッドでZen3+アーキテクチャを採用したAMD Ryzen 7 6800U搭載の新型ポータブルWindowsゲーミング機「AOKZOE A1」(エーオーケー・ゾーイ エーワン)が、正規代理店のハイビームから本日発売開始しました。

現行の同カテゴリ最強クラスのスペックを誇っていながら、価格は136,800円~と非常にコスパが高くなっています。

2種類あります。いずれもCPUはRyzen 7 6800Uで、国内1年保証がついた国内正規版。

まずは「AOKZOE A1」で、メモリが16GB/512GB、16GB/1TB、32GB/2TBの3種類で、バッテリー容量が17,100mAh、重量729gです。価格は税込149,800円。

もう一つが「AOKZOE A1 LITE」で、メモリは16GB/512GBのみ、バッテリー容量が12,600mAhと少ない代わりに、668gと軽量。税込136,800円。

どちらも購入者特典で専用ケースがプレゼントに。

アマゾンの↓でも販売中です。

スペックを見ておきましょう。

まず共通部分は、CPUにZen3+アーキテクチャで6nmのRyzen 7 6800U、GPUはRadeon 680M、LPDDR5x 6400MHz RAMに、PCIe3.0 SSD(PCIe4.0にも対応しており換装可)ストレージ、8インチ(1920×1200)IPSディスプレイ、輝度最大350ニトのマルチタッチ対応。

センサ類は3軸ジャイロ搭載(要ドライバ)で、デュアルリニア振動モーターも内蔵。無線通信はWi-Fi6とBluetooth 5.0。筐体サイズは285x125x21mmとなっています。

「AOKZOE A1」がバッテリー16,100mAh(65Wh)で、「AOKZOE A1 LITE」が12,600mAh(48Wh)。いずれも100wのPD充電対応です。

重量はそれぞれ729gと668g。

ポート類は、↓のようにUSB4.0 Type-Cが上下に2つ、USB3.0 Type-A、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャックとなっています。

また、前面には「TURBO」と書かれたTDP切り替えボタンがついており、ゲームのTDPを15wから28wに調整することでパフォーマンスを変更できます。

背面には、↓のようにキックスタンドを搭載。本体をデスクに置いたまま、ワイヤレスコントローラーでプレイしたり、外部ディスプレイに出力したりといった使い方も可能。

同CPU搭載機として、↓で「GPD WIN Max2」をレビューしましたが、携帯機とは思えない処理性能の高さに驚きました。

今回は、GPD社の新型携帯型ゲーミングPC「GPD WIN Max 2」の試作機をお借りしたので、レビューしていきます。 ↓のように1...

「AOKZOE A1」についても、↓にあるように著名なゲームで高いfpsを出しており、正真正銘「ゲーム機」と言ってよい性能になっています。

携帯型ゲーミングPCの真打ち登場の感があるこの「AOKZOE A1」、気になった方は、ぜひチェックしてみてください!

コンパクトさ・軽量さを最重要視するのであれば、↓でレビューしたAYANEO AIRなども魅力的な選択肢になるでしょう。

今回は、おなじみ携帯型のWindows搭載ポータブルゲーミング端末「AYANEO AIR」をレビューします。 6コア12スレッドのRy...

デイリーガジェットYouTubeチャンネル!
(”ほぼ”毎日更新中!)

デイリーガジェットでは、UMPC(超小型PC)、スマホ、タブレット、レトロPCをはじめとして、商品のレビューやインタビューの動画を、YouTubeに”ほぼ”毎日公開しています。

デイリーガジェット動画部のVTuberである風林火山朱音とケンがゆるい感じにレポートしています。

ぜひ↓からチャンネル登録をお願いします!